【マイクロビット×メイクコード】ロゴ(タッチセンサー)を使った簡単なプログラムを作ってみよう

新しいマイクロビット(micro:bit v2.0)は、v1.5にあった機能に加えて
マイク、スピーカー、省エネモード、タッチロゴが追加されました。

今回はタッチロゴの機能と、タッチロゴを使った簡単なプログラムを紹介します。

 

スポンサーリンク

タッチロゴとは

タッチロゴ

マイクロビットの表面にあるロゴは静電容量式タッチセンサーとして使うことができ、
指などの電気を通すものでタッチすると反応します。

AボタンやBボタンのようにプログラムを実行するきっかけとして使用することが可能です。

 

身の回りで使われている例

スイッチ

  • デスクライト
  • スマートフォン
  • ニンテンドースイッチなどゲーム機
  • 銀行のATM

 

タッチスクリーンのしくみについて

Nintendoさんのサイトで分かりやすく解説されていたのでリンクを貼っておきます。
(静電容量式の説明はページの下の方にあります)

 

PRLEGO(R)教材を使って楽しみながらプログラミングを学ぶ教室【Crefus】

今回作ったプログラム

タッチするとおどろく

  • ロゴをタッチした時
    「ビックリ顔」を表示
     
  • ロゴから指をはなした時
    効果音「ハロー」を鳴らす
    「うれしい顔」を表示

 

MakeCodeエディターでプログラミング

MakeCode(メイクコード)エディターの画面を開いて、
実際にプログラミングしてみましょう。

 

MakeCodeエディターの基本的な使い方は、下の記事にまとめています。

 

プログラムの内容

プログラムの内容は下の画像のようになります。

ロゴを使ったプログラム

最初は「うれしい顔」を表示させたいので、
「最初だけ」ブロックの中に「アイコンを表示」ブロックを配置します。

「最初だけ」「アイコンを表示」ブロックは、基本カテゴリにあります。

 

ロゴにタッチしたときは、「ビックリ顔」を表示させます。

入力カテゴリにある「ロゴが短くタップされたとき」ブロックを出し、
「短くタップされた」を「タッチされた」に変更しましょう。

「ロゴが短くタップされたとき」ブロックの中に「アイコンを表示」ブロックを配置します。

 

ロゴから指をはなしたら、音を鳴らしてうれしい顔にもどります。

入力カテゴリにある「ロゴが短くタップされたとき」ブロックを出し、
「短くタップされた」を「タッチが無くなった」に変更しましょう。

「ロゴが短くタップされたとき」ブロックの中に
「効果音を鳴らして終わるまで待つ」ブロックと「アイコンを表示」ブロックを配置します。

「効果音を鳴らして終わるまで待つ」ブロックは、音楽カテゴリにあります。
効果音は「ハロー」にしましたが、好きな音に変えてOKです。

 

シミュレーターで確認

プログラムが完成したら、シミュレーターで思った通りに動くかテストしましょう。

ロゴをクリックしてみてください。

シミュレーターで確認できたら、マイクロビットに転送して実際に動かしてみましょう。

 

ロゴに関するブロック

ロゴに関するブロックについて、くわしくみてみましょう。

ロゴが短くタップされたとき

ロゴが短くタップされたとき

ロゴがおされたとき、中にあるプログラムを実行するイベントブロックです。

  • 短くタップされた … ロゴにタッチして、すぐにはなした時
  • タッチされた … ロゴにタッチした時
  • タッチが無くなった … ロゴから指をはなした時
  • 長くタップされた … ロゴを長押しして、はなした時

 

イベントブロックとは、
メイン(最初だけ、ずっと)のプログラムの外にあって、
あることをきっかけ(トリガーといいます)に
イベントブロックの中にあるプログラムが実行されます。

 

ロゴがタッチされている

ロゴがタッチされている

今回のプログラムでは使いませんでしたが、こちらのブロックについても解説します。
画像のプログラムは、ロゴに触れているときにハートを表示するプログラムです。

「ロゴがタッチされている」ロゴに触れているかどうかの状態を取得するブロック。
触れている場合は「真」、触れていない場合は「偽」を返します。

 

「真」「偽」って何?ということですが、

  • 真(true)そうだよ(ロゴにタッチしている)
  • 偽(false)ちがうよ(ロゴにタッチしていない)

という意味です。

 

「もし〇〇なら」ブロックは、条件の〇〇が真のとき中のブロックを実行するブロック。
偽のときは「でなければ」の中のブロックを実行します。

条件が「ロゴにがタッチされている」ブロックの場合、
ロゴに触れているとき「真」なのでハートを表示するブロックが実行されます。

 

まとめ

マイクロビットのタッチロゴの機能と、タッチロゴを利用した簡単なプログラムを紹介しました。

ロゴは、「短くタップされた」だけでなく「タッチされた」「タッチが無くなった」「長くタップされた」をトリガーにすることができます。

ボタンよりトリガーになるアクションが多いのでいろいろ試してみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました