【マイクロビット】ロゴ(タッチセンサー)を使った簡単なプログラムを作ってみよう

新しいマイクロビット(micro:bit v2.0)には
オリジナルにあった機能に加えて、
マイク、スピーカー、省エネモード、タッチロゴが追加されました。

今回は、マイクロビットのタッチロゴの機能と
タッチロゴを使った簡単なプログラムを紹介します。

 

スポンサーリンク

タッチロゴとは

タッチロゴ

マイクロビットの表面にあるロゴは、
静電容量式タッチセンサーとして使うことができ
指などの電気を通すものでタッチすると反応します。

AボタンやBボタンのようにプログラムを
実行するきっかけとして使用することが可能です。

身の回りで使われている例

スイッチ

  • デスクライト
  • スマートフォン
  • ニンテンドースイッチなどゲーム機
  • 銀行のATM

タッチスクリーンのしくみについて

Nintendoさんのサイトで分かりやすく解説されていたので
リンクを貼っておきます。
(静電容量式の説明はページの下の方にあります)

 

スポンサーリンク

今回作ったプログラム

タッチするとおどろく

  • ロゴをタッチした時
    「ビックリ顔」を表示
  • ロゴからはなした時
    「hello」を鳴らす
    「うれしい顔」を表示

バージョンアップで追加された
ブロックを使ってプログラムを作ります。

 

MakeCodeエディターでプログラミング

MakeCodeエディターの画面を開いて
実際にプログラミングしてみましょう。

 

MakeCodeエディターの基本的な使い方は
こちらの記事をご覧ください。

 

プログラム

プログラムの内容は下の画像のようになります。

ロゴを使ったプログラム

「音を演奏する」ブロックは、音楽カテゴリにあります。

「最初だけ」「アイコンを表示」ブロックは
基本カテゴリにあります。

 

ロゴに関するブロックは入力カテゴリにあります。
詳しくみていきましょう。

ロゴが押されたとき(on logo 押された)

ロゴが押されたとき

ロゴが押されたとき、
中にあるプログラムを実行するイベントブロックです。

  • 押された … ロゴにタッチして はなした時
  • 触れた(touched) … ロゴにタッチした時
  • 離した … ロゴから はなした時
  • 長押し(long pressed) … ロゴを長押しして、はなした時

「押された」と「触れた」のちがいに注意です。
 

イベントブロックとは、
メイン(最初だけ、ずっと)のプログラムの外にあって、
あることをきっかけ(トリガーといいます)に
イベントブロックの中にあるプログラムが実行されます。

ロゴに触れている(logo is pressed)

ロゴにふれている

今回のプログラムでは使いませんでしたが
こちらのブロックについても解説します。

画像のプログラムは、
ロゴに触れているときにハートを表示するプログラムです。

 

「ロゴに触れている(logo is pressed)」
ロゴに触れているかどうかの状態を取得するブロック。
触れている場合は「真」、触れていない場合は「偽」を返します。

「真」「偽」って何?ということですが、

  • 真(true)そうだよ(ロゴに触れている)
  • 偽(false)ちがうよ(ロゴに触れていない)

という意味です。

「もし〇〇なら」ブロックは、
条件の〇〇が真のとき中のブロックを実行するブロック。
偽のときは「でなければ」の中のブロックを実行します。

条件に「ロゴに触れている」ブロックを入れた場合
ロゴに触れているときが「真」なので
ロゴに触れているとハートを表示するブロックが実行されます。

シミュレーターで確認

プログラムが完成したら
シミュレーターで思った通りに動くかテストしましょう。

ロゴをクリックしてみてください。

 

実機でテストしてみよう

シミュレーターで確認できたら
マイクロビットに転送して実際に動かしてみましょう。

 

まとめ

マイクロビットのタッチロゴの機能と、
タッチロゴを利用した簡単なプログラムを紹介しました。

ロゴは、「押された」だけでなく
「触れた」「離した」「長押し」をトリガーにすることができます。

ボタンよりトリガーになるアクションが
多いのでいろいろ試してみましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました