【マイクロビット】温度センサーを使った簡単なプログラムを作ってみよう

マイクロビット(micro:bit)には、
温度センサーという機能がついています。

温度センサーはその名の通り、
温度を測ることのできるセンサーです。

今回はマイクロビットの温度センサーの機能と、
温度センサーを使った簡単なプログラム
真夏日判定機を紹介します。

 

スポンサーリンク

温度センサーとは

温度センサー

温度センサーの機能は、
マイクロビットの裏にある
プロセッサー(PROCESSORと書いてあるチップ)の中にあります。

ちなみにプロセッサーは、
マイクロビットの頭脳にあたる部分。
プログラムを実行しているパーツです。

温度センサーを使うと、
マイクロビットのまわりのだいたいの温度が分かります。

これは温度センサーが気温を測るためのものではなく、
プロセッサーの温度を測るためのものだからで、
1~2度程度、実際の気温と差がでてきます。

複雑なプログラムでプロセッサーにたくさん計算させてしまうと
プロセッサーの温度が高くなって気温との差が出やすくなります。
正確な気温に近づけたい場合は、
プログラムをなるべくシンプルにしましょう。

身の回りで使われている例

電気ケトル

  • 体温計
  • エアコン
  • 電気ケトル
  • 炊飯器
  • 冷蔵庫
  • アイロン

などなど…温めたり冷やしたりする家電には大体ついてます。

スポンサーリンク

今回作ったプログラム~真夏日判定機~

太陽

天気予報で「最高気温が35℃以上の
猛暑日となる所があるでしょう。」なんてよく聞きますよね。

今回は、今の気温が夏日・真夏日・猛暑日のうち
どのレベルなのか判定するプログラムを作りました。

夏日・真夏日・猛暑日の基準は下の通りです。

  • 最高気温が25℃以上の日 … 夏日
  • 最高気温が30℃以上の日 … 真夏日
  • 最高気温が35℃以上の日 … 猛暑日

ボタンAが押されたとき
気温を判定し、アイコンを表示するようにします。

  • 温度が35℃以上の場合、「がいこつ」を表示する
  • 温度が30℃以上の場合、「家」を表示する
  • 温度が25℃以上の場合、「Tシャツ」を表示する
  • 上記以外の場合、「うれしい顔」を表示する

表示するアイコンは、
自分の好きなものに変えてもらってOKです。

あと気温の数値も知りたいと思うので、
ボタンBが押されたとき温度を表示するようにします。

 

MakeCodeエディターでプログラミング

MakeCodeエディターの画面を開いて
実際にプログラミングしてみましょう。

MakeCodeエディターの基本的な使い方は
こちらの記事をご覧ください。

 

プログラム

プログラムの内容は下の画像のようになります。

温度センサーを使ったプログラム

ボタンAが押されたとき

変数ブロック

「温度」は変数です。
変数のカテゴリで「変数を追加する」ボタンを
クリックして作ってください。

変数の値を変える「変数~を~にする」ブロックも
変数のカテゴリにあります。

変数とは、
データを一時的に覚えておくための入れ物のことです。
プログラムで人間が分かるように名前を付けます。

 

温度(℃)ブロック

「温度(℃)」ブロックは
マイクロビットのまわりの温度を取得します。

「温度(℃)」ブロックは、
入力カテゴリにあります。

もし~ならブロック

「もし~なら」ブロックと
「○○>□□」ブロックなど
値をくらべるブロックは論理のカテゴリに、
「アイコンを表示」ブロックは基本のカテゴリにあります。

もし温度が35℃以上の場合
「がいこつ」のアイコンを表示する
でなければもし温度が30℃以上の場合
「家」のアイコンを表示する
でなければもし温度が25℃以上の場合
「Tシャツ」のアイコンを表示する
でなければ
「うれしい顔」のアイコンを表示する

 

一時停止(ミリ秒)ブロック、表示を消すブロック

「一時停止(ミリ秒)」ブロックは、
次の命令を実行するまで、
指定した時間だけ一時停止させることができます。

ミリ秒1,000分の1秒(1秒=1,000ミリ秒)です。

「表示を消す」ブロックは、LEDの表示を消す命令です。

どちらも基本のカテゴリにあります。

ボタンBが押されたとき

ボタンBが押されたとき、今の温度を表示します。

「数を表示」は基本のカテゴリにあります。

 

シミュレーターで確認

プログラムが完成したら
シミュレーターで思った通りに動くかテストしましょう。

温度のコントローラー

LEDの左に出てきた温度のコントローラーを
上下にドラッグすることで、温度を上げ下げできます。

 

実機でテストしてみよう

シミュレーターで確認できたら
マイクロビットに転送して実際に動かしてみましょう。

 

まとめ

マイクロビットの温度センサーの機能と、
温度センサーを利用した簡単なプログラムを紹介しました。

マイクロビット用の扇風機があれば、「28℃以上になったら
自動で扇風機を回す」なんてプログラムが作れそうですね!

 

\マイクロビット用の扇風機がありました!/

 

 

タイトルとURLをコピーしました