【マイクロビット】Scratch(スクラッチ)と接続してプログラミングする方法

この記事では、スクラッチ(Scratch)とマイクロビット(micro:bit)を接続してプログラミングする方法を紹介します。

といった方法を、初心者さんにも分かるように、手順をひとつひとつていねいに解説していきます。

スクラッチとマイクロビットを接続すると、マイクロビットをコントローラーにしてゲームのキャラクターを操作したり、楽器を演奏することができるようになりますよ!

 

スポンサーリンク

スクラッチから利用できる機能

マイクロビット

Scratch 3.0の拡張機能を使用すると、スクラッチとマイクロビットを接続してプログラミングすることができます。

スクラッチの拡張機能で利用できるマイクロビットの機能は、

  • LEDディスプレイ
  • Aボタン、Bボタン
  • 加速度センサー
  • 端子(ピン)※入力端子としてのみ制御可能

の4つです。

温度センサー明るさセンサーなどは利用できません。

LEDディスプレイ

マイクロビットの表面のまん中にある25個(5×5)の赤色に光るLEDです。

スクラッチ上でイベントが起こったとき、マークなどを表示できます。

Aボタン、Bボタン

イベント発生のきっかけとして使用します。

ボタンを押したとき、スクラッチ上のスプライト(キャラクター)を動かすことなどが可能です。

加速度センサー

マイクロビットのかたむきや、ゆれを調べることができます。

マイクロビットを動かしたり かたむけたときに、スクラッチ上のスプライトを動かすことなどが可能です。

入力端子(ピン)

マイクロビットについていないセンサーなど他の電子機器を接続できる3つのIOリング。

Scratch 3.0では入力端子としてのみ使うことができます。

これらの端子がGND端子と通電したときに、スクラッチ上のイベントを発生させることができます。

マイクロビットのすべての機能を利用するには

スクラッチに最初から入っている拡張機能では、物足りないという人にはMicrobit Moreというプログラミング環境がオススメ。

Microbit Moreは、スクラッチでマイクロビットを使えるようにする拡張機能をつけたプログラミング環境です。

マイクロビットに備わっているすべての機能を利用できます。

 

スポンサーリンク

スクラッチとマイクロビットを接続するには、パソコンにScratch Linkというアプリを入れる必要があります。

スクラッチリンクのサイトからインストーラーをダウンロード。インストーラーを実行してScratch Linkをインストールしてください。

「Scratch Link」のダウンロードとインストール方法【Windows10】」では、Scratch Linkのダウンロード~インストールまでの手順をくわしく紹介しています。

 

Scratch micro:bit HEXをインストールする

マイクロビットにスクラッチと接続するためのプログラムを転送します。

Scratch micro:bit HEXをダウンロード

Scratch micro:bit HEXをダウンロード

  1. スクラッチリンクのサイトにアクセスし、少し下にスクロールする。
  2. 「さあ、始めましょう」にある「Scratch micro:bit HEXをインストールする」という項目の「Scratch micro:bit HEXファイルをダウンロードします。」をクリックし、ダウンロードする。

 

Scratch micro:bit HEXをマイクロビットに転送

HEXファイルを転送する

  1. マイクロビットとパソコンをUSBケーブルで接続する。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして解凍する。
  3. 「Scratch micro:bit HEX」ファイルを「MICROBIT」ドライブへドラッグ&ドロップする。

 

マイクロビットとパソコンをUSBケーブルで接続してプログラムを転送するくわしい方法は、下の記事にまとめています。

 

スポンサーリンク

スクラッチにマイクロビットを接続する

Scratch Linkを起動

スタートメニューから「Scratch Link」を選択し、起動しましょう。起動すると、ツールバーにアイコンが表示されます。

 

Bluetoothをオンにする

マイクロビットとパソコンはBluetooth(無線通信)でつながります。Bluetoothがオンになっているか確認しましょう。

Windowsの場合、Bluetoothがオンの時ツールバーにアイコンが表示されます。

オフだった場合は、「スタートボタン」→「設定」→「デバイス」からオンにしましょう。

 

マイクロビット

マイクロビットは電源が供給された状態にしておきます。

無線でつながった状態になるので、USBケーブルでパソコンとつながっていなくてもOKです。

 

Scratchエディタ

1.スクラッチのプログラム作成画面を開く。

「拡張機能を追加」ボタンをクリック

 

2.「拡張機能を追加」ボタンをクリックする。

「micro:bit」をクリック

 

3.拡張機能を選ぶ画面の「micro:bit」をクリックする。

「接続する」をクリック

少し待つと、接続可能なデバイスの一覧が表示されます。

4.マイクロビットのLEDに表示された文字と同じデバイス名の「接続する」をクリックする。

5.接続に成功すると「接続されました」と表示されるので、「エディタ-へ行く」をクリックする。

 

「micro:bit」という分類が追加された

左のブロック一覧に「micro:bit」という分類が追加されました。

マイクロビットと接続していると、micro:bitのブロック一覧の横にチェックマークが表示されます。

 

スクラッチからマイクロビットを切断する・再接続する

マイクロビットを切断・再接続

切断する

micro:bitのブロック一覧の横にあるチェックマークをクリックし、「切断する」をクリックする。

再接続する

micro:bitのブロック一覧の横にある「!」マークをクリックする。

 

スポンサーリンク

プログラミングして動かしてみましょう

マイクロビットに”Hello!”と表示させる

スクラッチからマイクロビットを動かしてみましょう。

マイクロビットに"Hello!"と表示させる

「Helloを表示する」ブロックをクリックすると、”Hello”がマイクロビットのLEDに表示されます。

 

ボタンを押して、ネコに”こんにちは!”と言わせる

マイクロビットでスクラッチのスプライト(キャラクター)を動かしてみましょう。

ボタンを押して、ネコに"こんにちは!"と言わせる

プログラム作成エリアに「ボタンAが押されたとき」ブロックを出し、その下に「こんにちは!と2秒言う」ブロックをつなげてみましょう。

マイクロビットのAボタンが押されたとき、ステージ上のネコが”こんにちは!”と言います。

 

MakeCodeエディターとのちがい

MakeCode(メイクコード)エディターとちがうところは、プログラムを作るたびにHEXファイルをマイクロビットに転送する必要がないこと。

これはBluetooth接続したマイクロビットとスクラッチが通信しあって動いているからです。

しかし、ずっとスクラッチの画面を開いて接続しておかなければならずマイクロビット単体で動かすことはできません

作りたいものによってツールを使い分けるようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました