【マイクロビット】パソコンとのつなぎ方・外し方、プログラムの転送方法

MakeCode(メイクコード)エディターなどでプログラムを作ったら、パソコンとマイクロビットをつないでプログラムを転送しましょう。

この記事では、

を紹介します。

 

スポンサーリンク

マイクロビットとパソコンをつなぐUSBケーブル

パソコンにつながったUSBケーブル

USBケーブルは、パソコンとマイクロビット(micro:bit)をつなぎ、パソコンで作ったプログラムのデータをマイクロビットに転送するために使います。

また、パソコンとつないでいる間、マイクロビットに電源が供給されています。

USBの規格は、パソコン側がUSB TypeA、マイクロビット側がMicro USB TypeBです。

 

マイクロビットとパソコンをつなぐ

USBソケットにケーブルを差し込む

パソコンを起動し、USBケーブルの小さいほうのコネクターをマイクロビットのUSBソケットに差し込み、反対側のコネクターをパソコンのUSBポートに差し込みます。

マイクロUSBソケットは、裏側の上部中央にあります。

マイクロUSBソケットの内部は壊れやすいので丁寧にあつかってください。

USBコネクターを上下逆に入れたり、規格のちがうコネクターを無理矢理入れようとすると、壊れて使えなくなる可能性があります。

マイクロビットがパソコンに接続され電源が供給されると、マイクロビットの裏側の黄色いLEDが点灯します。

そして、他のUSBストレージやメモリスティックと同じように「MICROBIT」というドライブとして認識され、表示されます。

 

「MICROBIT」ドライブ

「MICROBIT」ドライブの中身

MICROBITドライブ

「MICROBIT」ドライブの中をみると、2つのファイルがあります。

  • DETAILS.TXT …マイクロビットのファームウエアに関する技術情報
  • MICROBIT.HTM…マイクロビットのウェブサイトのリンク

これらのファイルは特に気にしなくて大丈夫です。

プロテクトがかかっているので、削除したり内容を書き換えたりすることはできません。

 

「MICROBIT」ドライブに入れられるファイル

hexファイル

「MICROBIT」ドライブには、マイクロビット用に書かれたプログラム.hex(ヘックス)ファイル(拡張子が「.hex」)しか入れられません。

写真や文章のデータを入れても消えてしまいます。

拡張子(かくちょうし)とは、ファイル名の最後にある「.」(ピリオド)に続く英数字の文字列でパソコンやスマホで扱うファイルの種類を識別するためのものです。
パソコンの設定で見えないようになっている場合もあります。

また、新たにプログラムをマイクロビットへ転送した時、すでに保存されているプログラムは消えて転送されたプログラムに置き換わります

 

マイクロビットへプログラムを転送する

HEXファイルをマイクロビットへコピー

MakeCodeエディターなど作成したプログラムをマイクロビットを転送するには、保存したファイルを「MICROBIT」ドライブへドラッグ&ドロップします。

プログラムの転送中は裏の黄色いLEDが点滅し、転送が完了するとプログラムが自動的に実行されます。

この時、「MICROBIT」ドライブからファイルが消えたように見えますが正常です。

また、マイクロビットにプログラムを転送している途中でUSBケーブルを抜かないでください。

プログラムが正しく読み込めなくなって、正しく動作しなくなります。

その時は、ケーブルをもう一度つないでプログラムを転送し直してください。

 

スポンサーリンク

マイクロビットをパソコンから取り外す

マイクロビットは特に手順をふまずにUSBケーブルを抜いても大丈夫なようです。

しかし、他のUSBストレージやメモリスティックと同じような手順で取り外すクセはつけたほうがいいと思います。

マイクロビットの取り外し方

※画像はWindows10です。

  1. 通知領域の「隠れているインジケーターを表示」アイコンをクリック。
  2. 表示された一覧から「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す 」アイコンをクリック。
  3. 表示された一覧から「BBC micro:bit CMSIS-DAP の取り出し」をクリック。
  4. 「ハードウェアの取り外し」が表示されたら、micro:bitを取り外します。

 

まとめ

マイクロビットとパソコンをUSBケーブルでつなぐ方法とマイクロビットにプログラムを転送する方法を紹介しました。

ケーブルの抜き差しで本体を持つ時、基盤に触れないようにするためにマイクロビット用のケースはあった方がいいと感じます。


タイトルとURLをコピーしました