【マイクラ×MakeCode】スーパーパワーを手に入れよう!(チュートリアル:Super Powers)

この記事では、MakeCode for Minecraftの
チュートリアル「Super Powers」について紹介します。

「Super Powers」では、
「apply Effect(効果をつける)」ブロックを使ってプレイヤーやモブに様々な効果をつけます。

風のように早く走れるようになったり、火の中に入っても平気になったりできちゃいます!

プログラミングでスーパーパワーを手に入れましょう!

 

スポンサーリンク

リンゴを食べて、スピードアップ!

リンゴを食べた時、10秒間スピードを出して走れるようにします。

移動速度上昇

1.「最初だけ」ブロックを消す。

2.プレイヤーカテゴリーにある「次のアイテムが使われた時」ブロックを出す。

3.アイテムの種類を「りんご」に変更する。

 

4.生き物カテゴリーにある「apply Effect(効果をつける)」ブロックを出し、
「次のアイテムが使われた時」ブロックの中に配置する。

「apply Effect(効果をつける)」ブロック

「apply Effect(効果をつける)」ブロック
プレイヤーなどのエンティティにステータス効果をつけます。
 
・エフェクト:つける効果
・対象:効果をつける対象
・秒数(duration):効果がついている秒数
・増幅度(amplifier):効果の強さ(0~127)

 

5.パラメータを設定する

移動速度上昇のエフェクトを、自分につけるようにしましょう。
持続時間は10秒、増幅量は120にします。

  • エフェクト:移動速度上昇
  • 対象:自分(@s)
  • 持続時間:10
  • 増幅量:120

 

くらやみでも目が見えるようになるコマンド

くらやみでも目が見えると便利ですよね。

チャットコマンドで時間を夜に変更し、10秒間くらやみでも目が見えるようにします。

暗視

6.「チャットコマンドを入力した時」ブロックの”run”を”night”に変更する。
nightは英語で夜という意味です。

 

7.ゲームプレイカテゴリーにある「ゲーム内の時刻を変更する」ブロックを出し、
「チャットコマンドを入力した時」ブロックの中に配置する。

8.「日中」を「真夜中」に変える。

「ゲーム内の時刻を変更する」ブロック

「ゲーム内の時刻を変更する」ブロック
現在の時刻を変更します。

 

「ゲーム内の時刻を変更する」ブロックで変更できる時刻

  • 日中 :午前7時
  • 夜明け:午前6時
  • 真昼 :正午(12時)
  • 夕暮れ:午後6時
  • 夜  :午後7時
  • 真夜中:午前0時

 

9.生き物カテゴリーにある「apply Effect(効果をつける)」ブロックを出し、
「ゲーム内の時刻を変更する」ブロックの下に配置する。

10.パラメータを設定する

暗視(あんし)のエフェクトを、自分につけるようにしましょう。
持続時間は10秒、増幅量は120にします。

  • エフェクト:暗視
  • 対象:自分(@s)
  • 持続時間:10
  • 増幅量:120

 

PRコーチとマンツーマンでオンラインプログラミング学習|Tech Kids Online Coaching

空を飛ぶコマンド

チャットコマンドでみんな空を飛べるようにします。

飛行

11.プレイヤーカテゴリにある「チャットコマンドを入力した時」ブロックを出し、
”jump”を”fly”に変更する。

flyは英語で飛ぶという意味です。

 

12.生き物カテゴリーにある「apply Effect(効果をつける)」ブロックを出し、
「チャットコマンドを入力した時」ブロックの中に配置する。

13.パラメータを設定する

飛行のエフェクトを、全てのエンティティにつけるようにしましょう。
持続時間は2秒、増幅量は1にします。

  • エフェクト:飛行
  • 対象:全てのエンティティ(@e)
  • 持続時間:2
  • 増幅量:1

持続時間を長くしてしまうと、
動物などのモブがダメージを受けてしまうことがあるので注意しましょう。

 

エンティティとは、プレイヤーやモブ(村人、動物、モンスター)、トロッコやボートなど
何らかの動きを持つもののこと。ブロック以外のほとんどのものがエンティティです。

 

火炎耐性で火の中もへっちゃら!

チャットコマンドで火の中を歩いてもダメージを受けないようにします。

これでマグマダイブもこわくないですね!

火炎耐性

14.プレイヤーカテゴリにある「チャットコマンドを入力した時」ブロックを出し、
”jump”を”fireproof”に変更する。

fireproofは英語で耐火(たいか)という意味。
火の熱さにたえられるということです。

 

15.生き物カテゴリーにある「apply Effect(効果をつける)」ブロックを出し、
「チャットコマンドを入力した時」ブロックの中に配置する。

16.パラメータを設定する

火炎耐性のエフェクトを、全てのエンティティにつけるようにしましょう。
持続時間は10秒、増幅量は120にします。

  • エフェクト:火炎耐性
  • 対象:自分(@s)
  • 持続時間:10
  • 増幅量:120

お手本では持続時間が10秒になっています。
短いと思ったら時間をのばしましょう。

 

次に、効果を試すために火の海をつくります。

17.ブロックカテゴリーにある「ブロックを並べる」ブロックを出し、
「apply Effect(効果をつける)」ブロックの下に配置する。

パラメータを設定しましょう。

18.「草ブロック」を「火」に変える。

19.置きかえる範囲(はんい)を指定する。

お手本ではプレイヤーのまわりに
たて11ブロック、横11ブロックの範囲を指定しています。

  • 範囲の始まり:~-5 ~0 ~-5
  • 範囲の終わり:~5 ~0 ~5

モードは「置きかえ(replace)」のままでOKです。

 

PRお子さんにぴったりの学びをオーダーメイド!プログラミング教室【LITALICOワンダー】

マイクラにもどって実行してみよう!

マインクラフトの世界にもどって、新たな力を試してみましょう!

移動速度上昇

実行結果(移動速度上昇)

すごい速さで進むことができました。

スティーブのスキンを力を得た者っぽくしてみたんですけど
力におぼれた悪者っぽくなってしまいました。

 

暗視

実行結果(暗視)

チャットコマンドnightを使うと夜になります。
昼にもどしたい場合は、チャット画面を開きコマンド「/time set day」を実行しましょう。

 

飛行

実行結果(飛行)

対象を「全てのエンティティ(@e)」にしたのでブタや牛も浮いていますね。

 

火炎耐性

実行結果(火炎耐性)

火炎耐性を試すときはサバイバルモードに変更しましょう。

  • コマンド「/gamemode survival」でサバイバルモードに変更できます。
  • コマンド「/gamemode creative」でクリエイティブモードにもどります。

 

まとめ

チュートリアル「Super Powers」について紹介しました。

今回使用した新しいブロック

  • 「apply Effect(効果をつける)」ブロック
    プレイヤーなどのエンティティにステータス効果をつけます。
    ・エフェクト:つける効果
    ・対象:効果をつける対象
    ・秒数(duration):効果がついている秒数
    ・増幅度(amplifier):効果の強さ(0~127)
     
  • 「ゲーム内の時刻を変更する」ブロック
    現在の時刻を変更します。
    日中(7:00AM)/夜明け(6:00AM)/真昼(12:00PM)
    夕暮れ(6:00PM)/夜(7:00PM)/真夜中(12:00AM)

 

「apply Effect(効果をつける)」ブロックは、今回紹介した以外の効果もつけることができます。
色々試してみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました