【マイクラ×MakeCode】引数を使って好きな高さにジャンプ!(チュートリアル:Mega Jump)

この記事では、MakeCode for Minecraftのチュートリアル「Mega Jump」について解説します。

「Mega Jump」では、「チャットコマンドを入力した時」ブロックに引数を追加して、好きな高さにジャンプするプログラムをつくります。

チュートリアルを通して、引数の使い方が分かるようになりますよ。

マイクラでプログラミング学習♪100以上のコンテンツが月額料金で受け放題
自宅で楽しく学べるオンラインスクール「D-SCHOOLオンライン」はこちら!
スポンサーリンク

100マス上にジャンプする

「チャットコマンドを入力した時」ブロックの”run”を”jump”に変更

1.「最初だけ」ブロックを消す。

今回は使わないので消しましょう。

2.「チャットコマンドを入力した時」ブロックの”run”を”jump”に変更する。

 

「テレポート」ブロック

3.プレイヤーカテゴリーにある「テレポート」ブロックを出し、「チャットコマンドを入力した時」ブロックの中に配置する。

 

テレポートブロック
プレイヤーを、別の位置にテレポートさせる。

 

テレポート先の座標をプレイヤーから100マス上の位置にする

4.テレポート先の座標をプレイヤーから100マス上の位置にする。

 

テレポート先の場所を指定するために座標を使います。座標とは、とある位置を指定するための数字の組み合わせのことです。

左から順にx,y,zの3つの座標軸があり、真ん中のy軸が上下方向を表しています。

~(チルダ)の記号は、コマンドを実行した位置からどれだけはなれているかを示す相対座標であるという意味です。

座標を「~0 ~100 ~0」とすることで、テレポート先をプレイヤーから100マス上の位置にすることができます。

座標については「コマンドを使う上で知っておきたい座標の見かた」でくわしく解説しています。

 

5.マイクラにもどって実行してみましょう。

マイクラにもどって実行

  1. 「開始」ボタンをおしてから、マイクラの画面にもどる。
  2. 「T」キーをおして、チャット画面を開く。
  3. jump と入力して、「Enter」キーで実行する。

 

サバイバルモードでコマンドを実行すると落下死します。
大切なものはチェストに入れ、近くでリスポーンできる場所で行うか、クリエイティブモードで試すようにしましょう。

 

好きな高さにジャンプする

Makecode 引数

100ブロックジャンプするプログラムができました。

では50ブロックジャンプしたくなったらどうしますか?

その後に200ブロックジャンプしたくなったら?

毎回プログラムの値を変えたり、y軸の値がちがうだけのコマンドを増やすのは大変です。

 

コマンドを入力するときに何ブロック分ジャンプするのか指定出来たら便利ですよね。

そこで、「チャットコマンドを入力した時」ブロックに引数を追加します。

引数とは、コマンドを実行した時に引き渡される値のことです。

 

ジャンプする高さを引数として渡すプログラムを作りましょう。

「チャットコマンドを入力した時」ブロックの+アイコンをクリック

6.「チャットコマンドを入力した時」ブロックのアイコンをクリックする。

num1が追加されました。

コマンドで引き渡された値はnum1という変数に保存されます。

 

変数とは、プログラムで使うデータを一時的に保存するための場所のことです。よく「数字や文字を入れておく箱」と言われたりします。

くわしくは「変数とは?スクラッチ(Scratch)を使って解説」で解説しています。

 

num1を 座標のy軸に配置

7.変数カテゴリーにある「num1」ブロックを、座標のy軸(100を入力した場所)に配置する。

 

8.マイクラにもどって実行してみましょう。

jump 50 と入力し、「Enterキーで実行

jump 50 と入力して、実行します。

50の部分が引数です。jumpと50の間に半角スペースを入れましょう。

50ブロック上までジャンプできたでしょうか?

 

これでプレーヤーが入力した量だけジャンプできるようになりました。

今度は50の部分を1000に変えてジャンプしてみてください。

 

まとめ

チュートリアル「Mega Jump」について紹介しました。

今回使用した新しいブロック

  • テレポートブロック
    プレイヤーを、別の位置にテレポートさせる。

 

今回は、「チャットコマンドを入力した時」ブロックに引数を追加しました。

引数とは、コマンドを実行した時に引き渡される値のことです。

ちなみに、「チャットコマンドを入力した時」ブロックでは、3つまで引数を追加できます。

また、引数は数字でなければなりません。

引数については「関数とは?スクラッチ(Scratch)を使って解説」でくわしく解説しています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました