【子ども向け】ファイルとフォルダとは?分かりやすく解説

今回は、ファイルとフォルダについて解説します。

 

ファイルとフォルダのちがいが分からない…

というパソコン初心者の方向けの内容です。

 

ファイルとフォルダのちがいをかんたんに言うと、

ファイルは、ひとまとまりのデータ
フォルダは、ファイルを整理するための入れ物です。

 

ファイルとフォルダの概念は、
パソコンを使う上で基本的な知識なので覚えておきましょう。

 

ファイルとフォルダの操作方法(Windows10)もあわせて紹介します。

 

スポンサーリンク

ファイルはひとまとまりのデータ

ファイルとは

ファイルとは、ひとまとまりのデータのこと。

コンピュータでデータをあつかうときの基本的な単位です。

テキスト(文章)や画像、動画やプログラムなど色々な種類のファイルがあります。

ちなみに、ファイル(file)は英語で「書類」という意味です。

 

拡張子はファイルの種類を見分ける目じるし

拡張子とは

拡張子(かくちょうし)とは、
ファイル名の最後にある「.」(ピリオド)に続く英数字の文字列。

コンピュータであつかうファイルの種類を見分けるためのものです。

 

拡張子の例

  • txt … テキストファイル
  • bmp、jpg、gif、png … 画像ファイル
  • mp3、wma、wav … 音声ファイル
  • mp4、wmv、mpg … 動画ファイル
  • sb3 … Scratchのプロジェクトファイル

パソコンの設定で見えないようになっている場合もあります。

 

フォルダはファイルを入れる入れ物

フォルダとは

フォルダとは、ファイルを整理するための入れ物です。
ディレクトリとも呼ばれています。

フォルダ(folder)は英語で「紙ばさみ」という意味。
紙ばさみは書類の整理に使う文房具です。

 

フォルダには名前をつけることができ、
たくさんのファイルをある共通点ごとに仕分けして管理しやすくできます。

 

では、実際にファイルやフォルダを操作してみましょう。

操作はWindows10で行っています。

 

スポンサーリンク

ファイルを作ってみよう(保存/開く)

テキスト、画像、スクラッチのプログラム、3つのファイルを作ります。

また、保存したファイルを開く方法も紹介します。

テキストファイル(メモ帳)

Windowsに標準で搭載されている
「メモ帳」を使って、テキストファイルを保存してみましょう。

メモ帳を起動する

メモ帳を起動する

  1. 「スタート」ボタンをクリック
  2. 「Windowsアクセサリ」をクリック
  3. 「メモ帳」をクリック

何でもいいので文字を入力してみましょう。

 

ファイルを保存する

メモ帳 名前を付けて保存

  1. 「ファイル」をクリック
  2. 「名前をつけて保存」をクリック

 

保存する場所を選んでファイル名をつけ保存します。

メモ帳 ファイルを保存

  1. 保存する場所を選ぶ
  2. ファイル名を入力する
  3. 「保存」ボタンをクリック

今回は、保存する場所をデスクトップにしました。

画面右上の「×」をクリックすると、メモ帳を閉じます。

 

ファイルを開く

メモ帳 ファイルを開く1

  1. 「ファイル」をクリック
  2. 「開く」をクリック

 

対象のファイルを選んで開きます。

メモ帳 ファイルを開く2

  1. ファイルが保存されている場所を選ぶ
  2. 開きたいファイルをクリック
  3. 「開く」をクリック

 

画像ファイル(ペイント)

Windowsに標準で搭載されている
「ペイント」を使って画像ファイルを保存してみましょう。

ペイントを起動する

ペイントを起動する

  1. 「スタート」ボタンをクリック
  2. 「Windowsアクセサリ」をクリック
  3. 「ペイント」をクリック

テキトーに絵を描きましょう。

 

ファイルを保存する

ペイント 名前を付けて保存

  1. 「ファイル」をクリック
  2. 「名前をつけて保存」をクリック
  3. ファイル形式を選ぶ

今回は、JPEG画像にしました。

 

保存する場所を選んでファイル名をつけ保存します。

ペイント 名前を付けて保存2

  1. 保存する場所を選ぶ
  2. ファイル名を入力する
  3. 「保存」ボタンをクリック

メモ帳と同様、保存する場所をデスクトップにしました。

 

ファイルを開く

ファイルを開く方法はメモ帳と同じです。

  1. 「ファイル」をクリック
  2. 「開く」をクリック
  3. ファイルが保存されている場所を選ぶ
  4. 開きたいファイルをクリック
  5. 「開く」をクリック

 

Scratch(スクラッチ)のプロジェクトファイル

Scratchのプロジェクトをパソコン上に保存します。

Scratch

Scratchのサイトにアクセスして
テキトーにプログラムを作ってください。

 

ファイルを保存する

Scratch コンピュータに保存する

  1. 「ファイル」をクリック
  2. 「コンピューターに保存する」をクリック

 

保存する場所を選んでファイル名をつけ保存します。

Scratch コンピュータに保存2

  1. 保存する場所を選ぶ
  2. ファイル名を入力する
    ファイル名は最初、プロジェクト名になっています。
  3. 「保存」ボタンをクリック

 

ファイルを読み込む

Scratch コンピュータから読み込む

  1. 「ファイル」をクリック
  2. 「コンピューターから読み込む」をクリック
  3. ファイルが保存されている場所を選ぶ
  4. 開きたいファイルをクリック
  5. 「開く」をクリック

 

フォルダを作ってファイルを整理しよう

ファイル

デスクトップに3つのファイルができました。

しかし、デスクトップにファイルを作り続けていたら…
デスクトップがファイルのアイコンだらけになっちゃいますね!

 

そこでフォルダの出番。

フォルダには名前をつけることができ、
たくさんのファイルをある共通点ごとに仕分けして整理することができます。

また、フォルダの中にフォルダを作ることもできます。

 

では、ファイルやフォルダを操作してみましょう。

フォルダの作り方

フォルダを作る

  1. デスクトップまたはフォルダ内の何もない場所で右クリック
  2. 「新規作成」を選ぶ
  3. 「フォルダー」をクリック
  4. フォルダの名前をつける

 

ファイルやフォルダの名前を変更する

フォルダの名前を変える

  1. ファイルまたはフォルダを1回クリックして選択
  2. 名前の部分をクリック
  3. フォルダの名前を入力する

素早く2回クリックするとファイルを開いてしまうので注意してくださいね。

 

ファイルやフォルダを移動する

ファイルを移動する

移動したいファイルを開いていると移動や削除ができません。
閉じてから移動しましょう。

  1. 移動したいファイルやフォルダを選択
  2. 移動したい先へドラッグアンドドロップ

 

ドラッグ アンド ドロップ
 1.対象の上で左ボタンをおす
 2.左ボタンをおしながら移動させたい場所までマウスを動かす(ドラッグ)
 3.左ボタンをはなす(ドロップ)

 

または

ファイルを移動する その2

  1. 移動したいファイルやフォルダを選択
  2. 選択したファイルやフォルダの上で右クリック
  3. 「切り取り」をクリック
  4. 移動したい先の何もない場所で右クリック
  5. 「貼り付け」をクリック

 

ファイルやフォルダをコピーする

ファイルをコピーする

  1. コピーしたいファイルやフォルダを選択
  2. コピーしたいファイルやフォルダの上で右クリック
  3. 「コピー」をクリック
  4. コピー先の何もない場所で右クリック
  5. 「貼り付け」をクリック

 

ファイルやフォルダを削除する

ファイルを削除する

  1. コピーしたいファイルやフォルダを選択
  2. 「delete」キーをおす

 

削除したファイルやフォルダはごみ箱に移動する

ごみ箱

削除したファイルやフォルダはごみ箱に移動します。

 

ごみ箱のアイコンを右クリックして
「ごみ箱を空にする」を選ぶとファイルやフォルダは完全に削除され
元にもどせなくなるので注意してください。

 

ごみ箱を開いてファイルやフォルダを右クリック、「元に戻す」を選択すると
元あった場所にもどります。

 

まとめ

ファイルとフォルダについてまとめてみました。

ファイルとは、ひとまとまりのデータのこと。
コンピュータでデータをあつかうときの基本的な単位になります。
フォルダとは、ファイルを整理するための入れ物です。

 

パソコンを使う上で超基本的な知識なので
操作方法もあわせて覚えましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました