【子ども向け】コンピュータのしくみを分かりやすく解説(五大装置)

この記事では、コンピュータのしくみについて解説します。

  • 子どもにコンピュータのしくみを教えたい。
  • パソコンを買いたいけれど、スペック表を見るだけで拒否反応…
  • アプリの推奨環境って何のことを言っているの?

という、お子さんと勉強したい大人や初心者の方向けです。

コンピュータのしくみがわかると、
パソコンのスペック表や
ソフトウェアなどの動作環境や推奨環境に
何が書いてあるのか分かるようになります。

 

スポンサーリンク

そもそもコンピュータって何?

コンピュータとは、
あたえられた手順(プログラム)にしたがって、
複雑な計算や処理を高速に行う機械のことです。

 

例としてすぐに思いつくのは、
パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機あたりだと思います。

他にも、
家の中ではテレビや電子レンジ、エアコンなどの家電製品にも組み込まれていたり、
街の中にも自動販売機やATM、お店のレジ、自動改札機などなど

たくさんのコンピュータであふれていて
私たちの生活になくてはならないものになっています。

 

コンピュータはどんな部品からできてる?

コンピュータの構成要素 五大装置

コンピュータは主に5つの機能をもった装置からできています。
この5つの装置のことを五大装置と呼びます。

  • 制御装置 … 他の装置に指示を出す
  • 演算装置 … プログラムを実行する
  • 記憶装置 … データを保存する
  • 入力装置 … データや指示をコンピュータに伝える
  • 出力装置 … コンピュータからのデータを出力する

では、くわしく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

制御・演算装置 … CPU(中央処理装置)

制御装置 演算装置 CPU

制御装置演算装置は、
一般的にCPUという半導体チップにまとめられています。

CPUはコンピュータの「脳みそ」にあたり、
プログラムを実行したり(演算)、
他の装置へ指示を出す(制御)役割があります。

 

CPUの性能が高いほど、複雑な処理を効率よくこなせるので、
処理のスピードが早くなります。

 

記憶装置

記憶装置

記憶装置は、プログラムや画像、テキストなどのデータを保存する装置です。

2つの種類があります。

  • 主記憶装置(メインメモリ)
  • 補助記憶装置(ストレージ)

 

主記憶装置(メインメモリ) … メモリ

主記憶装置は、作業中のデータを一時的に保存する装置です。

電源を切ると内容が消えてしまいます。
高速にデータの読み書きができ、CPUと直接データのやりとりができます。

 

メモリはコンピュータの「作業スペース」です。

机を思い浮かべてください。
机が広ければ、たくさんのモノを広げて作業することができます。
逆にせまければ、モノを出したりしまったりする回数が増えて、
その分時間がかかってしまいますね。

コンピュータもメモリが大きい方が
たくさんの作業を効率よくこなせるので、
処理のスピードが早くなります。

 

補助記憶装置(ストレージ) … HDD、SSDなど

補助記憶装置は、データをずっと保存しておく装置

主記憶装置と比べてデータの読み書きはおそいけれど、
電源を切っても内容は消えません。

 

身近なモノに例えると、「本だな」や「机の引き出し」のようなもの。
しまうスペースが大きい方が
たくさんのモノ(データ)をしまうことができますね。

パソコンの中にあるハードディスク(HDD)やSSD、
外に接続するCDやDVD、メモリーカード、USBメモリなどがあります。

 

入力装置 … マウス、キーボードなど

入力装置

入力装置は、コンピュータにデータをあたえるための装置です。

入力装置の例
マウス、キーボード、カメラ、マイク、イメージスキャナなど

 

出力装置 … ディスプレイ、スピーカーなど

出力装置

出力装置は、コンピュータからデータを受け取って、
人間が分かる形であらわす装置です。

出力装置の例
ディスプレイ、スピーカー、プリンタなど

 

スポンサーリンク

OS(オペレーティングシステム / 基本ソフト)とは

OS オペレーティングシステム

OS(オペレーティングシステム)とは、
コンピュータを動かすためのソフトウェアです。
OSがないコンピュータはただの箱。何もすることができません。

 

  • マウスを動かすと画面上のポインタが動く
  • スピーカーから音が聞こえる
  • アイコンをダブルクリックするとアプリケーションが起動する
  • ファイルをコピーして、新しいフォルダに保存する
  • インターネットに接続する

など人間がコンピュータを簡単にあつかえるようにしてくれます。

 

また、ハードウェア(CPU、メモリ、ストレージなど)の
管理・制御も行っています。

  • ハードウェア
    コンピュータのうち、さわれるもの。
    パソコン本体やディスプレイなど物理的な機械。
  • ソフトウェア
    コンピュータのうち、さわれないもの。プログラムやファイル。
  • アプリケーション
    OS以外のソフトウェア。
    Word、Excel、Chrome、Edgeなど作業の目的によって使われる。

 

OSの種類

パソコン用のOS
  • Microsoft社の「Windows OS」
  • Apple社の「MacOS」
  • Google社の「Chrome OS」
  • オープンソースの「Linux」
スマホ・タブレット用のOS
  • Apple社の「 iOS」「iPadOS」
  • Google社の「Android」

 

まとめ

コンピュータのしくみについて、ざっくりとですが解説しました。

コンピュータのしくみがわかると、
パソコンのスペック表や
ソフトウェアなどの動作環境や推奨環境の見かたもわかります。

スペック表とはパソコンなどの中身の構成のこと。
このパソコンは、こういう部品を使っていますよという一覧表です。
食品のパッケージに書いてある原材料名のようなものですね。

推奨環境とは、そのソフトウェアを「快適に」動かすための条件のことです。
動作環境とは、そのソフトウェアを動かすための「最低限」の条件のことです。

パソコンを購入する時、
パソコンに新しいアプリケーションを入れる時、
今回のコンピュータのしくみについて思い出してみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました