関数とは?スクラッチ(Scratch)を使って解説

今回はスクラッチ(Scratch)を使って
関数について解説します。
(MakeCodeでも考え方は同じです。)

  • 関数って何?
  • 関数ってどうつかうの?
  • 関数を使うメリットは?

といったことを
なるべく難しい言葉を使わないように解説しました。

お子さんに説明する時の参考になればと思います。

 

関数とは

関数とは、命令をまとめて
いつでも使えるようにしたものです。

何度も使う処理があったら、
それを関数にすると便利です。

引数と戻り値

引数とは、関数を呼び出した時に
引き渡される値のことで、
関数が処理するための材料です。

また、関数から返される結果のことを
戻り値と言います。

なお、スクラッチには戻り値を返す仕組みがないようです。

例えると・・・

関数を例える

折り鶴の作り方を知っている人に
「折り鶴を作って」と折り紙を渡すとき、

「折り鶴を作って」という指示は
関数の呼び出しに当たり、

折り紙(材料)は、引数

折り鶴を折る手順は、関数

完成した折り鶴は(結果)、戻り値

に当てはまります。

 

また、折り紙の色や大きさがちがっても
色や大きさのちがう「折り鶴」が出来上がりますね。

このように引数を使うことで、
材料になるデータはちがっても
同じ処理をすることができます。

PR自宅にいながら本格的プログラミング学習|Tech Kids Online Coaching

関数の使い方 スクラッチを使って解説

では、スクラッチで関数を使ってみましょう。

関数を作る

1.ブロック定義のカテゴリにある「ブロックを作る」をクリック

ブロックを作るをクリック

 

2.必要な情報を入力し、「OK」をクリック

引数やラベルを追加

ブロック名
 関数の名前です。
 何の処理をするための関数なのか
 分かりやすい名前をつけましょう。

引数を追加
 
テキストまたは数値、真偽値の
 データ型を追加することができます。
 引数を追加しないことも可能です。

ラベルのテキストを追加
 定義ブロックの最後に文字列を
 追加することができます。
 これで何をする関数なのか
 より分かりやすくなりますね。

再描画せずに実行する
 
チェックすると、処理中の状態を見せないで
 最後の状態だけ表示されます。

 

3.関数ができました

ブロックを作る

関数が作成された

 

関数の中身を作る

関数の中身を作る

普通にプログラミングするのと同じように
定義ブロックの下に命令ブロックを組み合わせていきます。

引数を使う場合は、
引数をドラッグアンドドロップで移動させます。

関数を呼び出す

関数の呼び出し

ブロック定義のカテゴリにできた
関数のブロックをドラッグアンドドロップで
移動させて使います。

引数の場所には、直接値を入れたり
変数を入れたりします。

数字を入力するとその段の九九を言う
プログラムができました。

PR【Z会プログラミング講座】テクノロジーに触れ、考え、実践しながら学ぶ経験を、ご家庭で。<資料請求>

関数を使うメリット

ネコとイヌのスプライトを使って
2パターンのプログラムを作りました。

どちらも大きさのちがう正方形を2つ描く
プログラムで、描く位置がちがう以外は
やっていることは同じです。

関数を使って四角形を描くプログラム

プログラムの内容が分かりやすくなる

ネコとイヌのプログラム
どちらが見やすかったでしょうか?

イヌの方はひとつひとつ処理を追わないと
何をしているのか分かりません。

しかし、ネコの方は「四角を描く」という
関数名をつけているので四角形を2つ描く
プログラムだとすぐに分かりますね。

 

関数に名前をつけることで、
プログラムの内容が分かりやすくなります。

同じプログラムを何度も作らなくていい

関数の呼び出しは何度でもできるので
同じプログラムを何度も作らなくていいです。

その分すっきりと見やすいプログラムになりますね。

また、修正が簡単になります。

四角形ではなく六角形を描くプログラムに
変えた場合、くり返しの回数と回す角度を
変える必要があります。

ネコの場合は2ヵ所の修正で済みますが、
イヌの場合は4ヵ所修正が必要になりますね。

 

関数を使うと
同じプログラムを何度も作らなくてよく、修正が簡単になります。

まとめ

関数とは、命令のまとまりのことです。

何度も使う処理があったら、それを関数にすると便利。

関数を使うことで
すっきりと見やすいプログラムになり
修正が簡単になります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました