配列・リストとは?スクラッチ(Scratch)を使って解説

今回はスクラッチ(Scratch)を使って
配列リストの考え方について解説します。

  • 配列って何?
  • スクラッチのリストってどうつかうの?
  • 配列・リストを使うメリットは?

といったことを
なるべく難しい言葉は使わないように解説しました。

お子さんに説明する時の参考になればと思います。

 

変数が分かる前提で解説します。
変数って何?という方は下の記事を先にお読みください。

 

スポンサーリンク

配列とは

配列とは

変数ひとつの箱に例えられるなら、
配列同じ形・同じ大きさの箱をいくつも並べたものです。

 

個々のデータ項目(要素といいます)は、
配列の名前と何番目の項目か表す番号で区別されます。

この番号のことを、添字(そえじ)や
インデックスといいます。

 

PRコーチとマンツーマンでオンラインプログラミング学習|Tech Kids Online Coaching

スクラッチ:リストの使い方

では、スクラッチでリストを使ってみましょう。

配列リスト
スクラッチはリストで複数のデータをあつかいます。
配列とリストはデータの保管の仕方にちがいがありますが、基本的な考え方は同じです。

 

リストを作る

1.変数カテゴリにある「リストを作る」をクリック

リストを作るをクリック

 

2.リスト名を入力して「OK」をクリック

リスト名を入力してOKをクリック

  • すべてのスプライト用(グローバル変数)
    ステージとすべてのスプライトから使える変数
  • このスプライトのみ(ローカル変数)
    この変数を作ったスプライトのみ使える変数

 

3.空のリストができました

リストができた

リストのステージモニターと、リストを扱うブロックが出てきます。

 

手動でリストを編集する

リストのステージモニターを使って、リストの内容を手動で編集できます。

リストの項目(要素)は、1から始まる添字で管理されます。
長さは項目の数を表しています。

 

他のプログラミング言語では、添字が0から始まるものもあります。

 

項目を追加する

項目を追加する

左下の「+」をクリックすると、
リストの一番後ろに項目を追加できます。

 

項目を挿入(そうにゅう)する

項目を挿入する

特定の位置に項目を差し入れるには、
項目をクリックして選択し、Enterキーをおす。

ShiftキーをおしながらEnterキーをおすと、
前に挿入できます。

 

項目を削除(さくじょ)する

項目を削除する

項目を選択して、右にある「×」
クリックすると、項目を消すことができます。

 

プログラムでリストを編集する

「(なにか)をリスト▼に追加する」ブロック

項目を追加するブロック

リストの一番後ろに項目を追加できます。

 

「リスト▼の1番目に(なにか)を挿入するブロック

項目を挿入するブロック

指定した位置に項目を挿入できます。

 

「リスト▼の1番目を(なにか)で置き換える」ブロック

項目を置き換えるブロック

指定した位置の項目の内容を置き換えることができます。

 

「リスト▼の1番目を削除する」ブロック

項目を削除するブロック

指定した位置の項目を削除することができます。

 

「リスト▼のすべてを削除する」ブロック

項目をすべて削除するブロック

リストの項目をすべて削除することができます。

 

リストのデータを参照する

リストに保存したデータは変数と同様に
内容を表示したり、計算などに使うことができます。

「リスト▼の1番目」ブロック

リストの1番目ブロック

指定した位置の項目の内容を返します。

 

「リスト▼中の(なにか)の場所」ブロック

リストのなにかの場所ブロック

リストの1番目から順番に(なにか)とぴったり合う項目を探し、
見つかった項目の添字を返します。

(なにか)がリスト内に複数あった場合、一番最初にあった項目の添字を返します。

リストに(なにか)がなかった場合、0を返します。

 

「リスト▼の長さ」ブロック

リストの長さブロック

リストの長さ(項目の数)を返します。

 

「リスト▼に(なにか)が含まれる」ブロック

リストになにかが含まれるブロック

リストの中に、(なにか)とぴったり合う項目があるか調べます。

1つでもぴったり合う項目があった場合、
真(True)を返し、なかった場合は偽(False)を返します。

 

読み込みと書き出し

リストを右クリックして読み込みと書き出し

リストを右クリックして、
「書き出し」をクリックすると、
リストの中身を書き出すことができます。

また、「読み込み」を押すと、データを読み込むことができます。

 

書き出されたリスト

書き出されたリスト

 

PRZ会プログラミングはじめてみる講座/資料請求はこちら

配列・リストを使うメリット

ネコとイヌのスプライトを使って、2パターンのプログラムを作りました。

ネコのプログラム

ネコのプログラム

 

イヌのプログラム

イヌのプログラム

どちらも1週間分の気温の平均を計算するプログラムです。

ネコはリストを使用、
イヌはリストを使わず、変数に1日ずつ気温を保存してあります。

 

もしも項目の数が増えたら…

もし、平均を出す期間を1週間分から1ヶ月分にしたくなったらどうでしょう?

変数に1日ずつ気温を保存していた場合、増えた日数の分だけ変数を増やす必要があります。

20個以上も変数を追加して、気温の合計に足していくプログラムを追加するのは
ちょっと大変ですね。

電卓を使って計算したとしても、たくさんのデータを打ち込むのは大変な作業です。
途中でどこまで計算したか忘れてしまうかも。

リストを使えば、
リストの項目を増やすだけでプログラムを変える必要がありません。

プログラムだったら1ヶ月分でも、1年分でも正確に計算してもらえます。

 

配列・リストを使うと…
・同じ性質の変数をたくさん作る必要がなくなる。
・変更に強いプログラムになる。

 

まとめ

配列とは、同じ型のデータ項目を並べたデータ構造のこと。

変数がひとつの箱に例えられるなら
配列は同じ形・同じ大きさの箱をいくつも並べたものです。

個々の要素は配列の名前と添字(そえじ)で管理されます。

 

タイトルとURLをコピーしました