【スクラッチ(Scratch)】メッセージを使ってみよう!

スクラッチ(Scratch)メッセージは、
他のスプライトやステージを動かすための
合図を送ることができる便利な機能です。

メッセージが使えるとアニメーションや
ゲームを作る時、表現の幅がグッと広がります。

 

今回は、メッセージの使い方を紹介します。

  • スクラッチのメッセージって何?
  • メッセージのブロックの使い方は?

といったことをまとめました。

また、メッセージを使って
簡単なアニメーションを作ってみました。

 

スクラッチがはじめての方は、下の記事からごらんください。

 

メッセージとは

メッセージは他のスプライトへの合図

メッセージとは、他のスプライトや
ステージを動かすための合図のこと。

メッセージを送ることをきっかけに、
メッセージを受け取った複数のスプライトや
ステージに処理をさせることができます。

 

いまいちピンとこないかもしれません。
体育の授業を思い浮かべてみてください。

先生が「前へならえ!」と言ったら、
先頭の人は腰に手をあてて、
後ろの人は前の人の肩の位置まで腕をあげます。

この場合、
先生の「前へならえ!」はメッセージにあたり、
生徒たちはメッセージを受け取ったことを合図に
それぞれの立場に合った行動をとります。

人間が何かを合図に行動を起こす場面は
他にもたくさんありますね。

スクラッチでも同じように他のスプライトが
処理をするための合図を出せるということです。

PR英語とプログラミングを同時に学べる♪【D-SCHOOLオンライン】

メッセージに関するブロック

メッセージに関するブロック

メッセージに関するブロックは3種類。
イベントのカテゴリにあります。

  • メッセージを受け取ったとき
  • メッセージを送る
  • メッセージを送って待つ

「メッセージを受け取ったとき」ブロック

メッセージを受け取るブロックです。

対応するメッセージを受け取ると、
「メッセージを受け取ったとき」
下に組み込まれた命令が実行されます。

「メッセージを送る」または
「メッセージを送って待つ」と、
「メッセージを受け取ったとき」はセットで使います。

「メッセージを送る」ブロック

メッセージをプログラム全体に送るブロックです。

また、受け取った側の処理が終了するのを
待たずに次の命令を実行
します。

  1. 「メッセージ1▼を送る」
    プログラムを作る場所へドラッグアンドドロップ
  2. 「▼」をクリックし、メッセージを選択
    新たに作る場合は「新しいメッセージ」を選択
  3. メッセージの名前を入力して「OK」
    あとで見てもわかりやすい名前をつけましょう。

新しいメッセージ

「メッセージを送って待つ」ブロック

メッセージを送信するところまでは
「メッセージを送る」と同じです。

「メッセージを送る」とちがうのは、
受け取った側の処理がすべて終わるまで
送った側の次の命令が実行されないところです。

メッセージを「送る」と「送って待つ」のちがい

「メッセージを送る」
「メッセージを送って待つ」のちがいを
プログラムを作って確認してみてみましょう。

下の画像のようにプログラムを作って
実行(ネコの「こんにちは!と2秒言う」をクリック)します。

メッセージを送ると送って待つの違い(ブロック)

それぞれの結果は、下の画像のようになります。

「メッセージを送る」の実行結果

メッセージを送るの結果

 

「メッセージを送って待つ」の実行結果

メッセージを送って待つの実行結果

「メッセージを送る」の実行結果は、
イヌの「こんにちは!」を待たず
ネコの「いい天気ですね。」が同時に表示されています。

それに対して
「メッセージを送って待つ」の実行結果は、
イヌの「こんにちは!」が終わった後に
ネコの「いい天気ですね。」が表示されていますね。

メッセージは複数のスプライトに送れる

メッセージを送ると、
複数のスプライトやステージで受け取ることができ
同時にそれぞれ別の動きをさせることができます。

新しくコウモリを追加しました。

メッセージは複数のスプライトに送れる

ネコの「メッセージを送る」または
「メッセージを送って待つ」をクリックすると
メッセージを受け取ったコウモリとイヌが
それぞれ「メッセージを受け取ったとき」
下に組み込まれたプログラムを実行しました。

PR自宅にいながら本格的プログラミング学習|Tech Kids Online Coaching

メッセージを使って簡単なアニメーションを作ってみた

メッセージを使った作品

メッセージを使ってアニメーションを作ってみました。

Pico(人)をクリックすると、
ロケットが発射して
ネコが奥から手前に飛んでくるアニメーションです。

プログラムの実行結果

アニメーション実行結果

プログラム

Pico のプログラム

Picoのプログラム

rocketship のプログラム

rocketshipのプログラム

cat flying のプログラム

cat flyingのプログラム

緑のハタをクリックすると最初の状態にもどります。

座標を変える値・大きさを変える値や
くり返しの回数は、いい感じになるよう
試行錯誤しながら調整してみてくださいね。

まとめ

メッセージとは、他のスプライトや
ステージを動かすための合図のことです。

メッセージを送ることをきっかけに、
メッセージを受け取った複数のスプライトや
ステージに処理をさせることができます。

メッセージの機能はアニメーションや
ゲームを作る時にとても便利ですよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました