【マイクラ】コマンドを使う上で知っておきたい座標のこと

マイクラでは、場所を指定するために座標を使います。

座標を指定して使うコマンドも多いので、
コマンドを使うなら座標の理解は必須といえるでしょう。

コマンドの座標の指定には、
絶対座標を指定する方法と、
相対座標を指定する方法があり、
相対座標の指定は、さらに2種類の方法があります。

この記事では、コマンドをを使う上で知っておきたい
座標についてまとめました。

 

スポンサーリンク

そもそも座標とは?

マイクラの座標

とある位置を指定するための、数字の組み合わせのことです。
マイクラの世界では、x,y,zの3つの座標軸があります。

  • x軸 … 東西の方向(東がプラス)
  • y軸 … 上下の方向(上がプラス)
  • z軸 … 南北の方向(南がプラス)

絶対座標

絶対座標

ワールドのどこかにある原点(x=0,y=0,z=0)から
どれだけ離れているかで決まる座標のこと。

ワールドの設定で「座標の表示」をオンにすると、
今自分がいる場所の絶対座標が分かります。

座標の表示をオンにする

拠点の座標をメモしておくと、
迷子になっても拠点にもどることができますね。

相対座標

相対座標

コマンドを実行した位置を基準にした座標のこと。
「~」「^」を使って相対座標を表します。

~(チルダ)

コマンドを実行した位置が基準になります。

  • x … 東西の方向(東がプラス)
  • y … 上下の方向(上がプラス)
  • z … 南北の方向(南がプラス)

^(キャレット)

コマンドを実行した位置が基準になるのに加えて、
プレイヤーの向いている方向に応じて、xyz軸の方向も変わります。

  • x … プレイヤーから見て左右方向(左がプラス)
  • y … プレイヤーから見て上下方向(上がプラス)
  • z … プレイヤーから見て前後方向(前がプラス)
PRマイクラでプログラミング!自分だけのダンジョンを作ろう【D-SCHOOLオンライン】

 

座標を使ったコマンドの例

座標を使ったコマンドをいくつか紹介します。

tp(テレポート)

/tp ターゲットセレクター テレポート先座標

tpは、エンティティを
指定された座標にテレポートさせるコマンドです。

テレポート

例:/tp @s ~ ~6 ~5

例では相対座標「~(チルダ)」を使い
自分を現在いる位置から
6ブロック上、5ブロック南にテレポートしています。

エンティティ

エンティティとは、
プレイヤーやモブ(村人、動物、モンスター)、
トロッコやボートなど何らかの動きを持つもののこと。

ブロック以外のほとんどのものがエンティティです。

ターゲットセレクター

ターゲットセレクターとは、
コマンドを「誰に」「何に」対して行うのか
対象を指定するものです。

@pコマンドを実行した場所からもっとも近いプレイヤー
@aワールド内にいるすべてのプレイヤー
@sコマンドを実行したエンティティ
@eすべてのエンティティ
@rワールド内にいるすべてのプレイヤーからランダムで選ばれたひとりのプレイヤー

ターゲットセレクターの後ろに
サブコマンドをつけることで
対象を絞り込むことができます。

例えば@e[type=zombie]で全てのエンティティの中から
ゾンビを対象に絞り込みます。

fill(指定されたエリアをブロックで埋める)

/fill 始点座標 終点座標 コマンドID コード値

fillは、指定された座標で囲まれたエリアを
ブロックで埋めるコマンドです。

ブロックで埋める

例:/fill 25 4 -20 30 10 -25 wood 2

例では絶対座標を使い、
座標(25,4,-20)から座標(30,10,-25)のエリアを
白樺で埋めています。

コマンドIDとコード値

コマンドIDは、マイクラに存在する
すべてのものに割り当てられた
システム上の呼び名のことです。

またコード値とは、
コマンドIDに加えて指定することで、
アイテム/ブロックの種類をより細かく
指定する番号のことです。
(コード値は統合版のみ)

コマンドIDが「wood」の場合、
コード値が2だと白樺になります。

 

こちらの攻略サイトさんに、一覧が載っていたので
リンクをのせておきます。

summon(召喚)

/summon コマンドID 召喚先座標

summonは、エンティティを召喚するコマンドです。

召喚

例:/summon cow ^ ^ ^10

例では相対座標「^(キャレット)」を使い
プレイヤーの10ブロック前に牛を呼び出しています。

まとめ

マイクラの座標の指定方法は、3種類あります。

  • 原点からの距離で決まる絶対座標
  • コマンドを実行した位置が基準になる相対座標(~チルダ)
  • コマンドを実行した位置が基準になるのに加えて、
    向いている方向でxyz軸の方向も変わる相対座標(^キャレット)

マイクラで座標を扱えるようになると
出来ることがグッと増えるので、
ぜひマスターしてみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました