4歳から学べるプログラミング言語「ビスケット(Viscuit)」の使い方

ビスケット(Viscuit)は4歳の子どもでも始められるぐらい、
操作がとても簡単なプログラミング言語です。

しかし、スクラッチなど他のビジュアルプログラミング言語と違い、
ビスケットでは「メガネ」という変わった仕組みを使ってプログラミングをします。

「メガネ」の考え方が、他のプログラミング言語とかなり違うので、
使い方が分からず、戸惑われる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ビスケットの初心者モードである
「みんなでつくる」で、プログラムを作る手順を紹介します。

マウスの使い方はこちらの記事を参考にしてください。

 

ビスケット(Viscuit)とは?

2003年にNTTの研究で開発されたプログラミング言語です。

ビスケットはとても簡単なプログラミング言語です。

メガネという仕組みたった一つだけで
単純なプログラムからとても複雑なプログラムまで作ることができます。

仕組みは単純ですが組み合わせ方が様々なので複雑なことができるのです。
ビスケットを使うとアニメーション・ゲーム・絵本などを簡単に作ることができます。

ビスケットのサイトより

ビスケットは、インターネットにつながっている
パソコン、タブレット、スマートフォンから無料で使うことができます。

パソコンでビスケットを使う

1.ビスケットのサイトにアクセス

 

2.[あそぶ]をクリック

あそぶをクリック

 

3.[やってみる]をクリック

やってみるをクリック

ビスケットは「Adobe Flash Player」を使用していますが、
「Flash Player」は2020年12月にサポート終了します。
Flash廃止に向けたビスケットの対応については、ビスケット開発室の
Flash廃止に向けてのビスケットの対応について』を参照してください。

タブレット、スマートフォンでビスケットを使う

1.アプリをインストール

viscuit

viscuit
開発元:Digital Pocket Limited Liability Company
無料
posted withアプリーチ

制作画面を表示する

1.トップページの[みんなでつくる]をおす

みんなでつくるをクリック

  • 「みんなでつくる」…初心者モード
  • 「ひとりでつくる」…上級者モード
「ひとりでつくる」で できること
・あとでステージの色を変えることができる
・細かい条件の設定ができ、ゲームなど複雑なプログラムを作ることが可能

 

2.ステージの色を選択する

ステージの色を選択

選択したステージの色と作った日付は覚えておきましょう。
あとで自分の作った作品を探すのに必要になります。

 

3.[えんぴつ]マークをおす

えんぴつマークをクリック

えんぴつ新規作成
長方形ビスケットランドを表示
上やじるし過去の作品を表示

プログラムを作る

1.制作画面のみかた

制作画面

ステージプログラムが動く場所
メガネ置き場プログラミングをする場所
部品置き場お絵かき画面で描いた絵(部品)が表示される
えんぴつボタンお絵かき画面で絵を描いて、部品を作る
メガネメガネの中に部品を入れて、プログラミングする
回転ボタン部品を回転させる
×ボタンプログラミングを終了する

 

2.お絵かき画面で部品を作る

[えんぴつ]ボタンをおして、お絵かき画面を表示する

②お絵かき画面のみかた

お絵かき画面

カラーパレット色を選択
太さ線の太さを選択
透明度色の濃さを選択
戻るボタンひとつ前の状態に戻る
〇ボタン部品を作る(完成)

③マウス(タブレット、スマホの場合は指)で絵を描く

④完成したら[〇]ボタンをおす

完成したらマルボタン

 

3.描いた絵をステージに置く

部品をステージに置く

部品置き場に描いた絵が表示されるので、
部品をステージへドラッグアンドドロップして置く

 

4.メガネをメガネ置き場に置く

メガネを置く

メガネをメガネ置き場へドラッグアンドドロップして置く

 

5.メガネの左に部品を入れる

左に部品を入れる

部品をメガネの左にドラッグアンドドロップして置く

 

6.メガネの右に部品を入れる

右に部品を入れる

部品をメガネの右にドラッグアンドドロップして置く
この時、左に置いた位置よりも、少しずらして置く

7.ステージの中の絵が動き出す

8.プログラミングをを終了する

[×]ボタンをおす

[〇]ボタンをおすとプログラミングを終了(サーバーに保存されません)

 

このように、メガネの左右に置いた部品に変化をつけることで、
プログラミングします。

作ったプログラムを保存する

送るボタンで保存する

1.[送る]ボタンをおす

2.[〇]ボタンをおす

[×]ボタンをおすとキャンセルします。

サーバーに保存された

プログラムがビスケットのサーバーに保存され、
他のユーザーからも自分のプログラムがみられるようになります。

保存したプログラムを探す

1.トップページの[みんなでつくる]をおす

過去の作品を表示

2.ステージの色を選択し、[上やじるし]をおす

プログラムを作った時のステージの色を選択してください。

 

3.フォルダーから自分の作品を探す

フォルダーを探す

プログラムを作った日付のフォルダーから、自分のプログラムを探します。

同じ日付に作られたフォルダーが複数あるので、
フォルダの番号を控えておくと、時間が経ってからでも探しやすくなります。

 

4.プログラムを実行する・変更する

プログラムを見る・変更する

[ゆび]ボタンをおすと、プログラムを実行

[えんぴつ]ボタンをおすと、プログラムを変更

保存した自分の作品を変更して、もう一度保存しても上書き保存されません。
別のプログラムとして変更前の作品と別に保存されます。

まとめ

ビスケットでのプログラミングの流れ

1.絵を描いて部品を作る
2.部品をステージに配置
3.メガネをメガネ置き場に配置
4.メガネの左右に部品を置く
5.メガネの左の状態から右の状態になるように絵が動く

ビスケットの操作はとても単純なのですが、
メガネを増やしていくと、複雑な動きも作れるようになります。

とても奥が深くて、何気ない時にふと気が付くと「こうしたらどうなるかな」と
考えてしまっている自分がいました。

 

今度、上級者モードの「ひとりでつくる」にもチャレンジしてみたいです。

 

\4歳からはじめられるプログラミング!/

 

タイトルとURLをコピーしました