プログラミング言語「ビスケット(Viscuit)」の使い方 上級編(じゆうにつくる)

前回は、ビスケット(Viscuit)の基本的な使い方を紹介しました。

 

ビスケットの使い方になれたら、ちょっと複雑なプログラムを作ってみたくなりますよね!

この記事では、ちょっと上級者向けの機能

を紹介します。

上級者向けの機能は、「ちびっこ」の一部のステージと「じゆうにつくる」にあるステージで使うことができます。

難易度は、以前の「ひとりでつくる」モードに相当します。

 

スポンサーリンク

上級者向けのステージ

今回紹介する機能は、以下のステージで使うことができます。

  • <ちびっこ>
    音楽、もよう、くろいもよう、正多角形
  • <じゆうにつくる>
    すべてのはらっぱ

 

制作画面の見かた

ビスケット 制作画面(上級)

音符マーク音が出せるようになる
指マーク画面をさわると部品が動くようになる
設定ボタン背景色、ループなどの設定ができる
あそぶボタンステージを全画面表示して遊ぶ

 

設定画面の見かた

設定ボタンをおすと、設定画面が表示されます。

ビスケット 設定画面

ステージの色上と下で色を変えると上下のグラデーションになる
横ループ一番右に動かすと横方向にループしなくなる
たてループ一番右に動かすとたて方向にループしなくなる
速度部品が動く速さを変える
方眼紙右に動かすと、ステージにガイドが表示される
〇ボタン設定を完了し、制作画面にもどる
jsonボタンJSONを見る(さわる必要はありません)

ループでは、絵が上に行ったら下から出てくるというような、絵が動いてステージのすみまで行ったときに反対側のすみからまた出てくるかどうかを設定できます。

方眼紙を設定すると、ステージとお絵描き画面にガイドが表示されます。

一番左はガイドなし、右に行くほどマス目が大きくなります。

正確に動くプログラムを作りたいときに設定しましょう。

 

あそぶ画面の見かた

あそぶボタンをおすと、ステージが全画面表示され遊ぶことができます。

「さわると」の命令はあそぶ画面で確認しましょう。

ビスケット あそぶ画面

×ボタン制作画面にもどる
矢じるしボタンやりなおし

 

スポンサーリンク

指マークの使い方

指マークは「さわると」の命令です。

必ずメガネの左側へ配置します。

ビスケット 指マーク

あそぶ画面で指マークを置いた場所をおすと、メガネの右側に設定した動きへ変化します。

画像のメガネは「何もない場所をおすと星が出てくる」命令です。

メガネの左には指マークだけ入れて、右には星の絵を入れています。

 

音符マークの使い方

音符マークは「音を鳴らす」命令です。

必ずメガネの右側へ配置します。

ビスケット 音符マーク

  1. 音符マークをメガネ置き場に出す。
  2. 回転ボタンをおして、回転モードをオンにする
  3. 音符マークのまわりをなぞって、好きな音を選ぶ
  4. 回転ボタンをおして、回転モードをオフにする
  5. メガネに音符マークを入れる

画像のメガネは「音符の絵をおすと音がなる」命令です。

メガネの左には音符の絵に重なるように指マークを入れ、右には音符の絵と音符マークを入れています。

 

音符マークのくわしい使い方は、下の記事にまとめています。

 

プログラムを変更する(じゆうにつくる)

ビスケット プログラムを変更する

「じゆうにつくる」で作品を保存すると、誰でも後から作品に手を加えることができます。

保存されている作品のえんぴつボタンをおすと、制作画面が表示され、プログラムを変更できます。

 

後から変更を加えてもう一度保存しても、元のプログラムは上書きされず、別のプログラムとして保存されます。

 

まとめ

ビスケット上級者向けの機能

  • 設定画面で、
    ・背景の色を変える
    ・ループの有無を設定する
    ・部品が動く速さを変える
  • あそぶ画面でステージを全画面表示する
  • 指マークを使い、画面をさわって部品を動かす
  • 音符マークを使って音を鳴らす
  • 保存したプログラムを変更する

ビスケットの操作はとても簡単ですが、実際に作ってみるとメガネ奥の深さに驚かされます。

他の人のプログラムをみると、「こういう使い方があるのか!」と発見も多いので、面白いプログラムを探してみるのもいいですね。

 

下の記事では、もっとスゴいプログラムを作りたい人向け「割れたメガネ」の使い方を紹介しています。

 

 

\4歳からはじめられるプログラミング!/
タイトルとURLをコピーしました