【ビスケット(Viscuit)】音を鳴らす命令で音楽を演奏しよう!

ビスケット(Viscuit)には、音を鳴らす命令があります。

音を鳴らす命令を使うと、
オリジナルの楽器を作ったり
自動演奏するプログラムを作ることができて
簡単に音を楽しむことができます。

今回は、音を鳴らすの命令の使い方を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

音の選びかた

1.音符マークをドラッグアンドドロップして、
  メガネ置き場に置く。

音符マーク使い方1

  音はランダムに設定されます。

 

2.回転ボタンをおして、回転モードをオンにする

 

3.音符マークを回転させて、好きな音を選ぶ

音符マーク使い方2

  音符のまわりにあるマルの色が変わって、
  半音階ずつ音が変化します。
  (…ド→ド#→レ→レ#→ミ→ファ→ファ#→ソ→ソ#→ラ→ラ#→シ→ド…)

音階一覧

 

うまく回転できない時は…
 小さなお子さんは上手に回転させることが
 できないかもしれません。
 音符マークをたくさんメガネ置き場に置いて、
 気に入った音をメガネに入れましょう。
 いらないメガネは、部品置き場に戻すと消すことができます。

 

4.音が決まったら、メガネの右側に入れる

音符マーク使い方3

 

同時に複数の音を鳴らす

和音を鳴らす命令

複数の音符マークをメガネに入れることで、
同時に複数の音を鳴らすこともできます。

 

音を鳴らすメガネ

音を鳴らすメガネを3種類紹介します。

音を鳴らすメガネ

  1. 「部品が出ている間ずっと」音を鳴らす
  2. 「さわると」音を鳴らす
  3. 「ぶつかったら」音を鳴らす

サンプルプログラムは【こちら】

 

1.「部品が出ている間ずっと」音を鳴らす

部品が出ている間ずっと音が鳴るメガネ

部品がステージに出ている間、音を連続で鳴らし続けます。

音が鳴りっぱなしだとちょっとウルサイですね。
2や3のメガネような音を鳴らすルールを決めてみましょう。

 

2.「さわると」音を鳴らす

さわると音が鳴るメガネ

部品に1回さわると、音を1回鳴らすメガネです。

 

3.「ぶつかったら」音を鳴らす

ぶつかったら音が鳴るメガネ

部品と部品がぶつかった時に、音を1回鳴らすメガネです。

 

自動で順番に音を鳴らす

順番に音を鳴らす方法を2つ紹介します。

自動で音を鳴らす

  1. 「部品(絵)が変わったら」音を鳴らす
  2. 「ぶつかったら」音を鳴らす

サンプルプログラムは【こちら】

 

1.「部品(絵)が変わったら」音を鳴らす

絵が変わったら音が鳴るメガネ

部品(絵)が変わったら、音を鳴らすメガネを
順番につながるように作ります。

 

2.「ぶつかったら」音を鳴らす

ガイドの部品とぶつかったら音を鳴らす

ガイドになる部品(→)を動かすメガネと
ガイドとある部品(棒)とぶつかったら、
対応する音を鳴らすメガネを作ります。

 

2つの方法を紹介しましたが、
それぞれよいところよくないところがあります。

演奏したい曲の特徴に合わせて、
どの方法が一番合っているか考えてみましょう。

 

設定画面で演奏の速さを変える

演奏の速度を変える

設定画面で演奏の速さを変えることもできます。

カメの方へスライドすると遅く、
ウサギの方へスライドすると速くなります。

 

スポンサーリンク

「音を鳴らす」の命令を使った作品例

おすと音が出る箱(「さわると」音を鳴らす)

おすと音が出る箱

プログラムは【こちら】

 

メガネ一覧

さわると音が出る箱のメガネ

  • さわると音(ド)を鳴らし、音符(\♪/)が飛び出す
    ※ド#以降のメガネは省略しています。
  • 飛び出た音符(\♪/)がステージにあった時、
    音符(♪)に変わる
  • 音符(♪)がステージにあった時、ゆらゆら上へ動く

 

自動演奏装置(「ぶつかったら」音を鳴らす)

自動演奏装置

プログラムは【こちら】

 

メガネ一覧

自動演奏装置のメガネ

  • ネコの足あとが下へ移動する
  • ネコの足あとが四角とぶつかったら、対応する音を鳴らす
    ※ド#以降のメガネは省略しています。

 

まとめ

「音を鳴らす」命令は、楽器を作ったり
曲を演奏するプログラムだけでなく、
ゲームの効果音を作るなど
ほかの遊びと組み合わせても楽しいと思います。

また今回紹介した「自動演奏装置」は、
肉球の数や位置を変えると
別の曲を演奏させることができます。

よかったらチャレンジしてみてくださいね。

 

\4歳からはじめられるプログラミング!/

 

 

タイトルとURLをコピーしました