【ビスケット(Viscuit)】クイズ番組みたいな「早おしボタン」をプログラミング!

ファイヤーでジャストミートっ!
ニューヨークへ行きたくなっちゃうかも?

そんなウルトラな「クイズの早おしボタン」をビスケット(Viscuit)で作ってみました。

 

ビスケットが初めての方は、下の記事からお読みください。

 

スポンサーリンク

今回作ったプログラム

ビスケットで作った早押しボタン

遊び方

  • プレイ人数:出題者(1人)+回答者(1~3人)
  1. 出題者がクイズを出題する。
  2. 回答者が早おしボタンをおす。
  3. 帽子の上に「?」が出た人が回答権獲得!答えを言う。
  4. 出題者は正解なら「〇」、不正解なら「×」をおす。
  5. 出題者がリセットボタンをおして、次の問題へすすむ。

 

必要な部品と配置

早押しボタン部品

回答者に関する部品

  • 早おしボタン … 1コ
  • ぼうし    … 3コ(好きな色で3色)
  • 「?」マーク … 1コ(ボタンをおすとぼうしの上に出る)
  • 顔      … ふつう、笑顔、悲しいの3種類
  • 次の音を鳴らす用の部品 … 4コ(♪など)

 

出題者に関する部品

  • 「〇」ボタン … 1コ
  • 「×」ボタン … 1コ
  • 「Reset(リセット)」ボタン … 1コ

 

正解数のカウントに関する部品

  • 0~9の数字 … 各1コずつ
  • 「+」マーク … 1コ

 

ステージの設定

  • 方眼紙は一番大きいサイズ
  • 横・縦スクロールなし
  • 動きは一番早い

 

PR始めるなら今がチャンス!5歳からプログラミングを学ぶなら【Crefus】

メガネ

早おしボタンをおした時の動き

早おしボタンをおした時、
「?」マークが帽子の上に表示され、ピンポン(シ、ソ)と音が鳴ります。

ボタンをおした時のメガネ

早おしボタンをおした時、
 「?」マークを帽子の上の位置に表示する。
 音(シ)が鳴る。
 次の音を鳴らす用の部品(A)を表示する。
次の音を鳴らす用の部品(A)が表示された時、
 音(ソ)が鳴る。

 

同時に2つ以上早おしボタンをおした時の動き

同時に2人以上早おしボタンをおした時、
同時におした人全員に「?」マークが表示されてしまいます。

なので、ランダムで1人に回答権をあたえるようにしました。

同時に2つ以上ボタンをおした時のメガネ

※割れたメガネ※
「?」マークが2つ表示されている時、
「?」マークが1つだけになる。
※割れたメガネ(3分割)※
「?」マークが3つ表示されている時、
「?」マークが1つだけになる。

 

誰かに回答権がある時の動き

だれかに回答権がある(=「?」マークが表示されている)時、
他の人が早おしボタンをおしても反応しないようにします。

誰かに回答権がある時のメガネ

※割れたメガネ※
「?」マークが表示されていて早おしボタンをおした時、
何も変わらない。
※割れたメガネ(3分割)※
「?」マークが表示されていて、同時に2つ早おしボタンをおした時、
何も変わらない。
※割れたメガネ(3分割)※
「?」マークが表示されていて、同時に3つ早おしボタンをおした時、
何も変わらない。

 

「〇」ボタンをおした時の動き

回答が正解だった場合、出題者は「〇」ボタンをおします。

「〇」ボタンがおされたとき、
ピンポンピンポン(ラ、ファ、ラ、ファ)と音が鳴り、
回答者は笑顔になります。

正解数のカウントアップの部品(「+」マーク)については
カウントアップの動きで説明します。

マルボタンをおした時のメガネ

※割れたメガネ※
「〇」ボタンをおした時、
 「?」マークのついた回答者の顔を笑顔にする。
 「+」マークを0の上の位置に表示する。
 音(ラ)が鳴る。
 次の音を鳴らす用の部品(B)を表示する
次の音を鳴らす用の部品(B)が表示された時、
 音(ファ)が鳴る。
 次の音を鳴らす用の部品(C)を表示する。
次の音を鳴らす用の部品(C)が表示された時、
 音(ラ)が鳴る。
 次の音を鳴らす用の部品(D)を表示する。
次の音を鳴らす用の部品(D)が表示された時、
 音(ファ)が鳴る。

 

「×」ボタンをおした時の動き

回答が正解だった場合、出題者は「×」ボタンをおします。

「×」ボタンがおされたとき、
ブー(低いソとソ#)と音が鳴り、
回答者は悲しい顔になります。

バツボタンをおした時のメガネ

※割れたメガネ※
「×」ボタンボタンをおした時、
 「?」マークのついた回答者の顔を悲しい顔にする。
 音(低いソとソ#)が鳴る。

 

「リセット」ボタンをおした時の動き

「リセット」ボタンがおされたとき、
「?」マークは消えて、回答者の顔は普通にもどります。

リセットボタンをおした時のメガネ

※割れたメガネ※
「リセット」ボタンがおされた時、
「?」マークを消し、笑顔が普通の顔になる。
※割れたメガネ※
「リセット」ボタンが押された時、
「?」マークを消し、かなしい顔が普通の顔になる。

 

カウントアップの動き

正解だった(=「〇」ボタンをおした)時、
正解数のカウントアップの部品(「+」マーク)が0の上の位置に表示されます。

数字の上にこの「+」マークが表示された時、数がカウントアップされます。

カウントアップのメガネ

0の上に「+」マークが表示された時、0が1に変わる。
※0~8まで作ります。
9の上に「+」マークが表示された時、9が0に変わる。
0の左上(十の位の位置)に「+」マークを表示する

十の位の上の位置に「+」マークを置くことで、くり上がるようになります。

 

正解数のカウントアップは、
いろいろクリエイトラボさんの動画を参考にさせていただきました。

動画で分かりやすくまとめてくださっています。
最初に見た時、「こんな方法が……っ!」と目からウロコで感動しました。

 

まとめ

今回は、部品やメガネ(しかも割れてる)の数が多くて
むずかしく感じるかもしれません。

いっぺんに考えようとすると何をしたらいいのか分からなくなってしまいますが、
部品や動きごとに小さく分けて、メガネを考えてみましょう。

 

\4歳からはじめられるプログラミング!/

 

 

タイトルとURLをコピーしました