ビスケット(Viscuit)でプログラミング~割れたメガネ編~

ビスケット(Viscuit)」の作品を色々みていると
とても複雑そうなゲームを見かけることがあります。

「どうやっているのだろう?」と調べてみると、
割れたメガネというものを使っていることが分かりました。

なにその裏ワザチックな機能!?

さっそく、割れたメガネを使ってプログラムを作ってみることにしました。

この記事では、
「割れたメガネ」で出来ることと、使い方を紹介します。

 

ビスケットが初めての方は、こちらの記事をお読みください。

 

スポンサーリンク

ビスケットの「割れたメガネ」とは

割れたメガネ

レンズ部分が上下2つ以上に分かれているメガネのことです。

上半分が白、下半分がグレーになっています。
3分割にすることもできます。

上部分と下部分の位置は関係なく判断され、
左側の上部分の状態かつ下部分の状態だっとき、右側の状態に変化します。

 

むずかしい言葉でいうと、
メガネの上下は論理積(AND)でつながっている状態です。

論理積(AND)については、
論理演算(かつ・または・ではない)とは?スクラッチ(Scratch)を使って解説」で
解説しているので、興味のある人は読んでみてください。

 

割れたメガネの使い方の後、割れたメガネを使ったプログラムを紹介します。
実際に使ってみて感覚をつかんでみてください。

 

「割れたメガネ」の使い方

※割れたメガネは、「ひとりでつくる」で使える機能です。

タブレットは真ん中の矢印を長おし

割れたメガネの真ん中を長押し

  1. メガネをメガネ置き場に置く。
     
  2. メガネの真ん中にある矢印を長おしする
    マウスの場合は矢印にカーソルを合わせ、左ボタンを長おしする。
    長おしを2回すると3分割になって、
    もう1回長おしすると、ふつうのメガネにもどります。
     
  3. 部品を置く
    メガネの上下に部品を置いていきます。

 

画像の一番下のメガネの命令の意味

左側
 上:電球がついていないとき
 下:スイッチ(オフ)をおすと
右側
 上:電球がつき、
 下:スイッチがオンになる

 

パソコンは、矢じるしを長おし→〇ボタン

パソコンの人は、矢じるしを長おししたら表示される〇ボタンをおしてください。

メガネをちょっと動かすと、メガネの下にレンズが1組出てきてレンズが2組になります。

viscuit 割れたメガネ(PC)

もう一度矢じるしを長おし→〇ボタン→メガネを少し動かすで、
メガネの下にフチなしのレンズがもう1組出てきてレンズが3組になります。

 

割れたメガネを使ったプログラム

百聞は一見に如かず、プログラムを作って動きをみてみましょう。

部品と配置

サンプルプログラム

  • 電球(オン)×3コ(①用、②用、③用)
  • 電球(オフ)×3コ(①用、②用、③用)
  • スイッチ(オン)×4色
  • スイッチ(オフ)×4色

 

メガネ

ふつうのメガネ

ふつうのメガネ

 

2分割の割れたメガネ

2分割メガネ

 

3分割の割れたメガネ

3分割メガネ

 

スイッチのオン/オフ

スイッチのオンオフ

 

プログラムの解説

サンプルプログラム

①~③それぞれスイッチがあり、
1マス上と、はなれた場所、2かしょに電球があります。

①は「ふつうのメガネ」
②は「2分割の割れたメガネ」
③は「3分割の割れたメガネ」

を使って動かしてみます。

 

ふつうのメガネ・・・①

メガネ

ふつうのメガネ

左側
 オンになっているスイッチの
 1マス上にある電球がついていないとき
右側
 スイッチの1マス上にある電球をつける
左側
 オフになっているスイッチの
 1マス上にある電球がついているとき
右側
 スイッチの1マス上にある電球をけす

 

結果

ふつうのメガネ結果

スイッチをおすと、1マス上の電球はつきますが、はなれた電球はつきません。

 

ふつうのメガネは、位置関係も判断しています。
電球とスイッチの位置関係がメガネとちがっていると、電球はつきません。

 

2分割のメガネ・・・②

メガネ

2分割メガネ

左側
 上:電球がついていない かつ
 下:スイッチがオンのとき、
右側
 上:電球をつける
 下:スイッチはオンのまま
左側
 上:電球がついている かつ
 下:スイッチがオフのとき、
右側
 上:電球をけす
 下:スイッチはオフのまま

 

結果

2分割メガネ結果

スイッチをおすと、1マス上の電球とはなれた電球両方つきました。

 

上下に割れたメガネは、上と下別々で判断されます。
なのでスイッチと電球がはなれていても電球がつきます。

 

3分割のメガネ・・・③

メガネ

3分割メガネ

左側
 上:電球がついていない かつ
 左:紫のスイッチがオン かつ
 右:赤のスイッチがオンのとき、
右側
 上:電球をつける
 左:紫のスイッチはオンのまま
 右:赤のスイッチはオンのまま
左側
 上:電球がついている かつ
 下:紫のスイッチがオフのとき、
右側
 上:電球をけす
 下:紫のスイッチはオフのまま
左側
 上:電球がついている かつ
 下:赤のスイッチがオフのとき、
右側
 上:電球をけす
 下:赤のスイッチはオフのまま

 

結果

3分割メガネ結果

紫と赤、両方のスイッチをオンにすると、
1マス上の電球とはなれた電球、両方つきました。

2分割と同じように、3つのエリアは別々で判断されます。

 

また、どちらかのスイッチがオンでも
もう片方がオフの場合、電球はつきません。

3分割メガネ結果2

これは、メガネの分かれたエリアが論理積(AND)でつながっているからです。

メガネの左側の全てのエリアの条件を満たしたとき、右側の状態に変化します。

 

まとめ

  • メガネの真ん中にある矢印を長押しする割れたメガネになる。
  • 割れたメガネは分かれたエリアの状態がはなれていても、
    部品を変化させることができる。
  • 分かれたエリアは論理積(AND)でつながっている。

 

言葉の説明だけだと分かりにくいと思います。
実際に割れたメガネを使ってみて、イロイロと試してみてくださいね。

 

\4歳からはじめられるプログラミング!/

 

 

タイトルとURLをコピーしました