【マイクラ×MakeCode】対戦ゲームのステージを作ろう(チュートリアル:Spleef)

この記事では、MakeCode for Minecraftのチュートリアル「Spleef」について解説します。

Spleef(スプリーフ)とは、マイクラで行う対戦ゲームのことです。

今回は、スプリーフのステージを設置するプログラムを作ります。

 

座標を使った範囲(はんい)の指定と引数を使います。

忘れちゃったよ~!という人は、下の記事で復習してみてくださいね。

マイクラでプログラミング学習♪100以上のコンテンツが月額料金で受け放題
自宅で楽しく学べるオンラインスクール「D-SCHOOLオンライン」はこちら!
スポンサーリンク

Spleefはマイクラで行う対戦ゲーム

Spleef(スプリーフ)

Spleef(スプリーフ)とは、マイクラで行う対戦ゲームです。

足場のブロックをこわして相手を場外へ落下させ、最後までステージに残った人が勝ちというルール。

今回は、雪で作られたステージと落下先の溶岩を設置するプログラムを作ります。

くわしいゲームの内容は、Minecraft Wikiの「Spleef」をご覧ください。

 

落下先の溶岩を設置する

落ちたら、マグマダイブ!ということで、地面に溶岩を設置します。

溶岩を並べる

1.「最初だけ」ブロックを消す。

2.「チャットコマンドを入力した時」ブロックの”run”を”spleef”に変更する。

3.ブロックカテゴリーにある「ブロックを並べる」ブロックを出し、「チャットコマンドを入力した時」ブロックの中に配置する。

パラメータを設定しましょう。

4.「草ブロック」を「溶岩」に変える。

5.溶岩に置きかえる範囲(はんい)を指定する。

  • 範囲の始まり:~0 ~-1 ~0
  • 範囲の終わり:~10 ~-1 ~10

プレーヤーの位置から北と西に10ブロック離れた位置、深さ1ブロックの範囲を指定します。

 

空中に雪のステージを作る

さきほど設置した溶岩の上に、雪のステージを作ります。

雪のステージを作る

6.もう1つ「ブロックを並べる」ブロックを出し、「溶岩ブロックを並べる」ブロックの下に配置する。

パラメータを設定します。

7.「草ブロック」を「雪」に変える。

8.雪に置きかえる範囲(はんい)を指定する。

  • 範囲の始まり:~0 ~4 ~0
  • 範囲の終わり:~10 ~4 ~10

x軸(東西)とz軸(南北)は溶岩と同じ。y軸(上下)は4にします。

 

マイクラで実行してみよう1

スプリーフのステージ(11x11)

マイクラにもどって実行してみましょう。

  1. 「開始」ボタンをおしてから、マイクラの画面にもどる。
  2. 「T」キーをおして、チャット画面を開く。
  3. spleef と入力して、「Enter」キーで実行する。

スプリーフのステージができましたか?

 

このコマンドを実行すると、広い範囲のブロックが置きかわってしまいます。
まわりに こわれて困るものがない場所で実行しましょう。

 

ステージの大きさを決める引数を追加する

11×11の大きさのステージができました。

でも毎回ステージの大きさを変えられたら便利ですよね。

そこで、「チャットコマンドを入力した時」ブロックに引数を追加して、好きな大きさのステージでプレイできるようにしましょう。

引数とは、コマンドを実行した時に引き渡される値のことです。

 

「チャットコマンドを入力した時」ブロックに引数を追加

9.「チャットコマンドを入力した時」ブロックのアイコンをクリックする。

num1が追加されました。

コマンドで引き渡された値はnum1という変数に保存されます。

変数とは、プログラムで使うデータを一時的に保存するための場所のことです。
くわしくは「変数とは?スクラッチ(Scratch)を使って解説」で解説しています。

 

num1を 範囲の終わりのx軸とz軸に配置

10.変数カテゴリーにある「num1」ブロックを、範囲の終わりのx軸とz軸(10を入力した場所)に配置する。

num1に置きかえる場所は4ヵ所あります。

 

マイクラで実行してみよう2

spleef 25 を実行

マイクラにもどって実行してみましょう。

spleef 25 と入力して、実行します。

25の部分が引数です。spleefと25の間に半角スペースを入れましょう。

26×26の大きさのステージができたでしょうか。

 

プレイヤーを初期位置にテレポートさせる

ステージの中央にすべてのプレイヤーをテレポートさせます。

全プレイヤーをステージの中央にテレポートする

11.生き物カテゴリーにある「テレポート」ブロックを出し、「チャットコマンドを入力した時」ブロックの中に配置する。

今回は全プレイヤーを対象にするので、生き物カテゴリーにある「テレポート」ブロックを使います。

 

「テレポート」ブロック(生き物カテゴリー)
指定した対象を、別の場所にテレポートさせる。

 

パラメータを設定しましょう。

12.対象を「すべてのプレーヤー(@a)」にする。

13.座標をステージの中央「~num1÷2 ~5 ~num1÷2」に指定する。

y軸(上下)は、雪の上の5。

x軸(東西)とz軸(南北)は、それぞれnum1の半分の値にすれば、中央の位置の座標になりますね。

計算カテゴリーにある「0 ÷ 0」を使って「num1÷2」を作り、x軸とz軸に配置しましょう。

 

ゲームモードを変更する

クリエイティブモードではゲームにならないので、サバイバルモードに変更しましょう。

サバイバルモードに変更

14.ゲームプレイカテゴリにある「ゲームモードを設定する」ブロックを出し、「テレポート」ブロックの下に配置する。

15.ゲームモードは「サバイバル」、対象を「すべてのプレーヤー(@a)」にする。

 

マイクラで実行してみよう3

ステージの中央にテレポートし、 サバイバルモードに変更

マイクラにもどって実行してみましょう。

ステージの中央にテレポートして、サバイバルモードになったでしょうか?

 

まとめ

チュートリアル「Spleef」について紹介しました。

好きな大きさのステージを作って家族や友達と遊んでみてくださいね!

今回使用した新しいブロック

「テレポート」ブロック(生き物カテゴリー)

  • 「テレポート」ブロック(生き物カテゴリー)
    指定した対象を、別の場所にテレポートさせる。

 

 

タイトルとURLをコピーしました