プログラミングおもちゃ「embot(エムボット)」のコスパが良すぎた件

子どもとロボットのプログラミングに挑戦したいけれど
「ロボットの教材は高くて手が出ない…」と
思っている方は多いのではないでしょうか。

実際、ロボットの教材は数万円する高価なものもありますが、
今回紹介するembot(エムボット)
6,000円前後と手ごろな価格で
ロボットプログラミングが学べる教材です。

embotは、小学校の授業で活用された実践事例もあり、
未来の学びコンソーシアム
小学校を中心としたプログラミング教育ポータル
」にも掲載されています。

今回はembotで遊んでみた感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

embot(エムボット)とは

エムボットとは?

embot(エムボット)は、
NTTドコモの新規事業創出プログラムから生まれた
プログラミング教育ロボットです。

ダンボールとモーターやLEDライトなどの電子部品を組み合わせ、
専用アプリをインストールしたタブレットなどで
プログラミングして動かすことができます。

PRいま話題のプログラミング教育に最適!【embot】プログラミングおもちゃ

「embot スターターキット」のセット内容

  • 本体用ダンボール(A4サイズ×3枚)
  • embotコア(1個)
  • ブザー(1個)
  • LEDライト(2個)
  • サーボモーター(2個)
  • モーター用パーツ(1式)
  • 説明書(1枚)

embot以外に用意するもの

  • embotアプリが動作するデバイス機器(タブレット、スマホ、パソコン)
    対応OSはAndroid5.0以上、iOS10以上、Windows10(1803以降)。
    Bluetooth4.0以上搭載のもの。
  • 単4電池×4本
  • のり
  • ボールペンのような先の細いもの

 

ロボットの組み立てはカンタン!工作感覚で♪

エムボットを組み立てる

外装は身近で加工しやすいダンボールです。

専用サイトの組み立てマニュアルや動画を見ながら、
切り取る・折る・差し込むといった簡単な手順で
工作するように楽しみながらロボットを組み立てられます。

 

A4サイズのダンボールが3枚入っていて、
ミシン目が入っていたのでハサミを使うことなく切り抜けました。

基本、「折る→差し込む」で組み立てられるので、
のりを使う場面が少なかったがよかったです。
後でカスタマイズする時にバラしやすいのが◎。

 

組み立て時間は1時間半くらいかかりました。

組み立ての難しさは、小学生のころ買っていた
少女漫画雑誌「りぼん」のふろくより簡単だったかな、と。

余談ですが、最近の少女漫画雑誌は
自分で作るタイプのふろくがあまりないようですね…残念。

 

はじめてでも段階的にプログラミングを学ぶことができます

エムボットプログラミング画面

 

embotでのプログラミングは
専用のアプリ(無料)を使います。

embot

embot
開発元:Irrc
無料
posted withアプリーチ

プログラミングがはじめての場合、
むずかしそう…と不安に思われるかもしれません。

embotのアプリは直感的に操作できて、
プログラムの内容も視覚的に分かるようになっているので
初心者でも簡単にプログラミングに挑戦できます。

 

また、レベル(1~5)を選べるようになっていて、
少しずつ理解を深めていけるようになっています。

最初のレベル1では、
ロボットにさせたい動きのブロックを
タテにつないでいくだけ。

知識がなくても
簡単にプログラミングすることが可能です。

レベル2から条件分岐(if)やくり返し(for)などが加わって
複雑なこともできるようになります。

お子さんと一緒に学んでレベルアップしていきましょう。

 

ユーザー向けサイトには色々な遊び方も紹介されていますよ。

 

embotで出来ること~おもちゃだと思って侮ってました~

レベル3からセンサーも使えます

購入前、embotで出来ることは

  • 手(モーター)を動かす
  • ライトをつける
  • ブザーで音を鳴らす、音楽を演奏する

このくらいだと思っていました。
所詮1万円もしないおもちゃだし、
すぐ飽きてしまうのではないかと。

 

しかし、embotで出来ることは
それだけではありませんでした。

タブレットに搭載されている各種センサーを利用し、
タブレットの状態によって
embotの動きを変えることができます。

  • ジャイロ(傾き)
  • 位置(緯度、経度)
  • 時刻(時、分、秒)
  • 方角(タブレットの向いている方位)

想像していたより出来ることが多くて驚きました!
見た目に反して結構本格的です。

 

センサーはレベル3からの機能ですが、
時間や向いている方向によって
ロボットの動きを変えることができるので、
出来ることの幅がグッと広がってさらに楽しくなります。

これなら長く遊べそう♪

 

ダンボールだから遠慮なくカスタマイズできる!

ダンボールはショボい?

外装がダンボールなので、組み立てたら茶色一色…
ちょっとショボいと感じる方もいるかもしれません。

しかし、これはプログラミング以外でも
子どもが自分で考えてカスタマイズできる余白

世界にたった1つ自分だけの
ロボットを作ることで愛着も湧きますし、
このコにプログラムでどんなことをしてもらおうかと
想像力も働きます。

 

また、普通のロボットだった場合、
子どもがピカピカのロボットにマジックで顔を書き込んだり
シールをペタペタ貼るのに抵抗がある方も多いと思います。

ダンボールだったら、シールを貼ったり色を塗ることに
あまり抵抗がないのではないでしょうか?

多少雑に扱って外装が壊れてもダンボールなら
また作ることができますね。

 

エムボットをカスタマイズ

外装にピンクの画用紙を貼ってウサギにしてみました。
まぁまぁ可愛くできたかな。

 

まとめ

「embot(エムボット)」は、手ごろな価格で
自分だけのオリジナルロボットが作れる教材です。

直感的な操作でプログラミングができ、
段階的にプログラミングを学ぶことができるので
はじめての方にもオススメ。

夏休みなど休日のおうち時間、
親子で楽しくプログラミングを学んでみてはいかがでしょうか。

 

プログラミングおもちゃ【embot】の詳細はこちら

embotを使ってイロイロ作ってみた記事です。

 

タイトルとURLをコピーしました