Progateで子ども向けビジュアルプログラミングからステップアップ

今回は、初心者向けのオンラインプログラミング学習サービス
Progate(プロゲート)を紹介します。

Progateは、子どもから大人まで幅広い年代に利用されている人気のサービスです。
子どものプログラミング学習の教材として
Progateを検討されている方もいるのではないでしょうか。

Progateは、子どもがプログラミング学ぶ一番最初の教材というより、
Scratch(スクラッチ)などのビジュアルプログラミングの経験があって、
テキストプログラミングにもチャレンジしてみたいという子向きの教材です。

下の記事で、初心者の子ども向け教材を紹介しています。
はじめのうちは、操作が簡単で構文など覚えることが少ない
ビジュアルプログラミングで楽しさを実感しましょう。

 

Progate(プロゲート)とは

Progateとは

Progate(プロゲート)とは、
初心者向けのオンラインプログラミング学習サービス。
子どもから大人まで、幅広い年齢層から利用されています。

無料では、基礎レベルの18レッスンを学習できます。
有料会員になれば、公開中の全82レッスンすべて学習できるようになります。

Web版とアプリ版がある

ProgateにはWeb版とアプリ版があります。

アプリまたはWebのどちらでプラスプラン (有料会員)登録しても、
アプリ・Web両方の有料レッスンを受講することができます。

Web版

ブラウザ(Google Chrome)から利用できるので、パソコンの設定は不要。

Progateのサイトにアクセスして、会員登録をすれば利用可能になります。

推奨環境はこちらからご確認ください。

アプリ版

スライドがスマホやタブレットの画面に最適化されていて見やすいです。
Web版と併用して、スキマ時間に予習・復習するのに便利。

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ
開発元:Progate
無料
posted withアプリーチ
PRオーダーメイド型子ども向けプログラミング教室【LITALICOワンダー】

学習の進め方

Progateレッスンの流れ

レッスンの流れ

  1. スライドで知識を学ぶ
  2. 実際にプログラムを書く

1レッスン5枚前後のスライドを見て知識を学びます。
イラスト中心で初心者でも理解しやすい内容です。

スライドで学んだら、
実際にプログラムを書く演習問題に進みます。
書いたプログラムの結果はすぐに確認することができます。

1レッスンが短いので自分のペースで学習しやすいです。

Progateで学べる主なプログラミング言語

  • HTML&CSS(エイチティーエムエル、シーエスエス)
  • Javascript(ジャバスクリプト)
  • Ruby(ルビー)
  • Python(パイソン)
  • Java(ジャバ)
PR自宅にいながら本格的プログラミング学習|Tech Kids Online Coaching

「一番最初」の教材としてはオススメしません

Progate アプリ版演習画面

Progateは、プログラミング初心者の大人が学ぶ教材にはとてもいいです。
しかし、子どもがプログラミングを学ぶ一番最初の教材としてはオススメしません。

理由は3つ。

  • 基本的なパソコン操作ができることが前提
  • スライドの解説が大人向き
  • 覚えることがメインになってしまう

基本的なパソコン操作ができることが前提

演習問題では実際にプログラムを打ち込むことになります。

タイピング(ゆっくりでOK)とテキストのコピー&ペーストができる程度は
パソコンの操作ができないと苦しいと思います。

スライドの解説が大人向き

スライドの説明はとてもていねいですが、
あくまで大人の初心者向きの解説です。

小学校で習わない漢字や、少しむずかしい言い回しも出てきます。

覚えることがメインになってしまう

Progateはスライドで覚えたことを
演習問題の手順通りにプログラムを書くという流れです。

なので自分で考える部分は少なく、
構文を覚えることがメインになってしまいます。

演習問題で書いたプログラムを動かした結果も、
コンソールへの出力が主なのでちょっと地味です。

子どもにとっては退屈に感じてしまうかも。

 

Progateでの学習に向いている子は?

Scratchなどのビジュアルプログラミングの経験があって、
さらに深く学んでみたいという子に向いています。

  • Progateで習える言語でやりたいことがある
  • テキストベースのプログラミングにチャレンジしてみたい

といった、目標や目的があるとよいと思います。

オススメの言語は?

Javascriptはマイクロビットで使える

お目当ての言語がない場合、「Javascript」「Python」がオススメ。

「Javascript」と「Python」は、
マイクロビットのプログラミングに使うことができます。

マイクロビット(micro:bit)とは、情報教育のためにBBCで開発された小さなコンピュータ。
日本でもプログラミング教育の教材として、小学校での導入が進んでいます。

マイクロビットは、2000円前後で手に入るので
家庭での学習にも気軽に取り入れられます。

\microbitV2と便利なパーツのセットです!/

また、ブラウザ上でプログラミングできるので環境構築の必要がありません。

最初はブロックを使ったプログラミングでマイクロビットを動かし、
その後「Javascript」や「Python」といった
テキスト言語に書き換えてみるといった学習ができますよ。

無料でどのレベルまで学べる?

Progate 無料レッスン受けてみた

「Javascript」「Python」の無料レッスンを受けました。

内容は「変数」と「条件分岐」、「リスト(配列)」の使い方まで。

テキストプログラミングを学ぶレベルのお子さんでしたら
「ループ」や「関数」なども学びたいところです。

無料のコースで問題なく学習を進められるようなら、
全てのレッスンが学習可能になる
有料プラン(月額980円)への加入をおすすめします。

 

まとめ

Progateは、Scratchなどのビジュアルプログラミングの経験があって、
テキストベースのプログラミングにもチャレンジしてみたいという子に
オススメの教材です。

Progateでプログラミング言語の構文や概念を学んだあとは、
ぜひ何か作品を作ってみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました