【30ステージ無料】子ども向けプログラミング教材「コードモンキー」

2020年度よりプログラミング教育の必修化が始まりました。

お家で子どもにプログラミングを学ばせてみたい。
でも、自分はプログラミング経験がないので、
子どもに聞かれても答えられない…と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

今回は、イスラエル生まれのプログラミング学習教材、
コードモンキー(CodeMonkey)を紹介します。

子どもが自習形式で学ぶことができるので、
親にプログラミングの知識がなくても
基礎的な考え方を身につけることができます。

  • プログラミングの勉強をしたいけれど、
    何から手を付けたらよいか分からない。
  • テキストベースのプログラミングを学びたい。
  • プログラミングの基礎的な考え方を順を追って学習したい。

という方向き。

親子で一緒に学ぶのもオススメです。

 

スポンサーリンク

コードモンキー(CodeMonkey)とは

コードモンキー

コードモンキー(CodeMonkey)は、
イスラエル生まれのプログラミング学習教材です。

対象年齢は9歳以上を推奨していますが、
小学校入学前の子どもから70歳の方まで
世界中で様々な年齢の方に利用されています。

ゴリラにうばわれたバナナを
おサルの「モンタ」が集めるのを手伝うというストーリー。
課題をクリアしながらコースを進めていくことでプログラミングを学びます。

子ども向けのプログラミング教材というと、
スクラッチ(scratch)のようなブロックを
組み立ててプログラミングするものが多いですが、
コードモンキーは、テキストベースのコーディングを学べるのが特徴。

プログラミング言語は「CoffeeScript」が使われています。

CoffeeScriptは、JavaScriptに変換できるプログラミング言語。
他の言語に比べて、構文が直感的で分かりやすいことが特徴。
Webアプリなどに利用されています。

コードモンキーは、ブラウザから利用できるのでパソコンの設定は不要。
推奨環境はこちらからご確認ください。

 

無料でプレイできるのは「コードの冒険」の最初の30ステージ。
全ステージを利用するには、ライセンスを購入する必要があります。

 

無料体験のある「コードの冒険」の他にも
年齢とプログラミングスキルに応じた様々なコースがあります。

今回は、無料でできる30ステージを体験してみました。

PR英語とプログラミングを同時に学べる♪【D-SCHOOLオンライン】

学習の進め方

1.コードモンキーのサイトにアクセスする

 

2.トップページにある「「コードの冒険」無料体験」をクリック

コードの冒険無料体験をクリック

 

3.「ビデオの再生」をおしてストーリーを見る

ビデオの再生をクリック

 スペースキーをおすとスキップできます。

 

4.男の子からのヒントを読んで「OK」をクリック

ヒントを読んでOKをクリック

 

5.課題をを解く

課題を解く

 ヒントをもとにモンタをバナナのある位置まで移動させるプログラムを作ります。
 完成したら「実行」ボタンをおして、モンタを動かしてみましょう。

 ・実行中、「実行」ボタンは「停止」ボタンになります。
  「停止」ボタンをおすとプログラムを止めて実行前の状態にもどります。

 ・「矢じるし」ボタンをおすと、コースを最初からやりなおします。

 ・「歯車」ボタンは設定。
  音量調整、BGMのオンオフ、ゲームスピードを設定できます。

 ・男の子をクリックするともう一度ヒントがきけます。

 

6.コースクリア

コースクリア

「次のチャレンジ」をおすと、次のコースへ進みます。

「やり直し」をおすと、コースをもう一度やりなおします。

PR自宅にいながら本格的プログラミング学習|Tech Kids Online Coaching

定規の使い方

定規の使い方

コードモンキーには「定規」というものがあって、
定規を使うとモノとモノの距離を調べることができます。

  1. クリックして定規をとる
  2. 定規を開始位置に合わせてクリック
  3. 測りたいものにカーソルを合わせると距離がでるのでその値を使う
  4. もう一度クリックで定規をはなす

もとにあった位置をクリックする、
またはカーソルを外(プログラムを書くエリア)にもっていくと
定規をもとの位置にもどせます。

 

コード入力の注意点

タイピングができなくても大丈夫

ボタンをおしてコード入力できる

下にある命令のボタンやキャラクターをおすと
対応するコードやモノの名前(オブジェクト名)が自動的に入力されます。

なので、マウスを使えて数字が打てれば、
問題なく学習を進めることができます。

タイピングの練習もかねて自分で入力するのもオススメ。
英単語も覚えられますよ!

スペルミスと全角に注意!

スペルがちがうとプログラムは動かない

命令のスペルが1文字でもちがうとプログラムは動きません。
また、コードに全角の文字やスペースが入っても、プログラムは動きません。

まちがえている行には「×」がつきます。
スペルミスや全角の文字がないか、チェックしてみましょう。

 

三ツ星を目指そう!

三ツ星を目指そう

もっと少ない行数でできるなど、もっと効率のいい方法があると
画像のように星が2つになったりします。

このまま次のコースに進むこともできますが
星3つになるようにぜひチャレンジしてみてください。

まちがえると…

まちがえるとヒントがでる

モンタからヒントがもらえます。

さらにまちがえ続けると…

まちがい続けるとさらにヒントがもらえる

男の子に電球マークがつきます。
クリックするとヒントをもらうことができます。

デバッグ(まちがいを直す)のコツ

実行中の行は黄色くなる

実行中は、今実行しているプログラムの行が黄色くなります。

モンタの動きとプログラムを見くらべて、
どの行でうまくいっていないのか確認しましょう。

「歯車」ボタンをクリックして、
ゲームスピードを遅くすると、見やすくなりますよ。

PRオーダーメイド型子ども向けプログラミング教室【LITALICOワンダー】

まとめ・感想

コードモンキーについて紹介しました。

タイピングができなくても問題ありませんが、
ある程度マウスとキーボード操作になれてからの方が
学習をスムーズに進められるかなと感じました。

無料体験は、オブジェクトとループについて学べます。
変数、関数、条件分岐など、
さらに踏み込んだプログラミングを学べる続きは有料版になります。

無料版をクリアした後に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

\Amazonでもライセンスを購入できます/

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました