【ビスケット(Viscuit)】「ビンゴマシーン」をプログラミングしよう!

今回は、ビンゴの数字をちゅう選する「ビンゴマシーン」の作り方を紹介します。

 

前回、ビスケット(Viscuit)で
「3×3のビンゴカードを作るプログラム」の作り方を紹介しました。

 

ビンゴカードが出来たので、ビンゴの数字を出すプログラムも欲しいですよね。

メガネのパターンは2種類だけ。

2種類のメガネを出したい数字の数だけ作ります。

 

ビスケットが初めての方は、こちらの記事からお読みください。

 

スポンサーリンク

今回作ったプログラム

ビンゴマシーン

  1. ボタンをおすと、1~9の数字がランダムに出る。
  2. もう一度ボタンをおすと、数字が消えて
    「今までに出た番号一覧」にあるグレーの数字が黒い数字になる。

 

必要な部品と配置

ビンゴマシーンの部品と配置

 

必要な部品

  • グレーの数字(1~9)
  • 黒い数字(1~9)
  • ボタン(ピンク・グリーン)
    ※1種類でも大丈夫です。
  • ステージを飾りつける部品

 

ステージにグレーの数字を並べて「今までに出た番号一覧」を作ります。
グレーの数字が黒くなると、すでに出た数字という意味です。

ステージがボタンと数字だけではさみしいので、飾りつける部品を作って配置しましょう。
メガネで動きをつけてもいいですね。

 

ステージの設定

  • 方眼紙 … 一番大きいサイズ

 

PR始めるなら今がチャンス!5歳からプログラミングを学ぶなら【Crefus】

メガネ

1~9の数字をランダムに出す動き

ピンクのボタンをおすと、1~9の数字がランダムに出ます。

数字をランダムに1回ずつ出すメガネ

※割れたメガネ※
グレーの「1」がステージ上にある かつ ピンクのボタンをおした時、
 ピンクのボタンの2マス右に黒い「1」が表示される。
 ピンクのボタンがグリーンのボタンになる。

1~9までの数字分つくります。

 

1回だけランダムに出す仕組み

左側の状態が同じメガネをいくつも作って命令すると
「~たり」という意味になってランダムな動きをつけることができます。

ランダムとは「考えて決めるのではなく、ぐうぜんにまかせること。」
つまりきまりがなくデタラメということです。

 

単純にランダムな数字を出すだけであれば、下の画像のようなメガネになります。

ランダムな数字を出すメガネ

 

しかしこれでは、同じ数字が何回も出てきてしまいます。
ビンゴのちゅう選の時は、同じ数字が出ないようにしたいですね。

そこで今までに出た番号一覧を使って判定するようにします。

今までに出た番号一覧では、
1回も出ていない数字はグレー、すでに出た数字は黒で表示されています。

なのでグレーの数字がステージ上にあるという
条件をメガネに追加すれば、すでに出た数字は出てこなくなりますね。

 

今までに出た番号一覧に出た数字を反映する動き

もう一度ボタンをおすと、数字が消えて、
今までに出た番号一覧にあるグレーの数字が黒の数字に変わります。

すでに出た数字一覧に反映するメガネ

※割れたメガネ※
ボタンの2マス右に黒い「1」が表示されているかつ
グリーンのボタンをおした時、
 ボタンの2マス右の黒い「1」が消える。
 グレーの「1」が黒い「1」に変わる。
 グリーンのボタンがピンクのボタンになる。

1~9までの数字分つくります。

 

まとめ

前回と今回で
「ビンゴカードを作るプログラム」
「ビンゴの数字を抽選するプログラム」を紹介しました。

1人1台タブレットがあれば
この2つのプログラムでビンゴゲームをすることが可能です。

数字の部分を果物や英語などに変えて
オリジナルのビンゴゲームを作って遊んでみましょう。

 

 

\4歳からはじめられるプログラミング!/

 

タイトルとURLをコピーしました