【Sphero miniレビュー】プログラミング初心者から上級者まで楽しめる球体型ロボット

ロボットの教材やおもちゃは、プログラミングによって実際にものが動く実感が持てるので大人でもテンションが上がります。

しかし、数万円する高価なものも多くてなかなか手がのびませんよね。

Sphero mini」は、6,000円前後で手に入る初心者向けのプログラミングロボット

画面に線を描くだけのかんたんな方法や、Scratch(スクラッチ)のようなビジュアルプログラミング、JavaScriptという大人も使うテキストプログラミングでコーディングできるので、初心者から上級者までプログラミングを楽しむことができます。

ピンポン玉くらいのカラフルで可愛らしい見た目に惹かれて、買って遊んでみることにしました。

この記事では、プログラミング初心者から上級者まで楽しめる球体型ロボット「Sphero Mini」について紹介します。

 

スポンサーリンク

Sphero miniは初心者向けのモデル

Sphero(スフィロ)は、アメリカ スフィロ社の球体型ロボットです。

などがあり、スマホやタブレットから操作したり、プログラミングして動かすことができます。

Sphero miniは、低価格で初心者向けのモデルです。

Sphero Mini

製品名Sphero miniSphero BOLTSphero SPRK+
価格6,468円19,668円オープン
(20,000円~)
サイズ直径42mm直径73mm直径73mm
重さ46g200g181g
充電方法
充電時間/使用時間
USBケーブル
1時間/1時間
専用充電台
3時間/2時間以上
専用充電台
3時間/1時間
防水×
モーターエンコーダー
ジャイロスコープ
加速度計
LEDドットスクリーン××
赤外線通信××
方位センサー××
光センサー××

Sphero miniは防水機能に対応していないので、水中で動かしたり、絵具などを付着させて絵を描いたりしたい場合は、Sphero BOLTまたはSphero SPRK+を選びましょう。

色々なセンサーを使ってみたい人はSphero BOLTをおすすめします。

 

Sphero miniの外観と付属品

Sphero miniの外観と付属品

箱の中には、

  • Sphero mini本体
  • USBケーブル
  • ミニボーリングピン 6個
  • ミニ三角コーン 3個

が入っています。

Sphero miniのサイズは、直径42mmとピンポン玉くらいの大きさで、重さは46gとハンドタオルくらいの重さです。

色はグリーンの他にも、オレンジ、ピンク、ブルー、ホワイトがあり、とてもカラフル。

USBケーブルは充電に使います。ケーブルの長さは1mありました。

ミニボーリングピンを倒したり、ミニ三角コーンを使って障害物コースを作ったりして遊ぶことができます。

 

Sphero miniの使い方

Sphero miniで遊ぶための準備をしましょう。

Sphero miniのカバーを外し充電する

Sphero miniのカバーを外し充電する

Sphero miniのつなぎめを押してシェル(カバー)を外し、内部のロボットにUSBケーブルをつないで充電します。

フル充電までに1時間かかり、1時間プレイできます。

 

Spheroアプリをダウンロードする

充電している間にSpheroアプリをダウンロードしましょう。

アプリは3種類あります。目的に合ったアプリをダウンロードしてください。

  • Sphero Play (iOS, Android)
  • Sphero Edu (iOS, Android, Kindle, Chrome,Windows, Mac)
  • Swift Playgrounds (iOS)

 

Sphero Playはスフィロを操縦したり、ゲームで遊んだりすることができます。

Sphero Play

Sphero Play
開発元:Sphero, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

Sphero Eduはプログラミング学習向けのアプリです。

Sphero Edu

Sphero Edu
開発元:Sphero, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

Swift Playgroundsは、Appleが開発したSwiftの開発環境です。

Swiftは、iOSアプリ・macOSアプリを作成するためのプログラミング言語です。

Swift Playgrounds

Swift Playgrounds
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

 

これでSpheroを使う準備が整いました。

Sphero PlaySphero Eduについて、もう少しくわしく紹介します。

 

スフィロで遊ぶアプリ「Sphero Play」

Sphero Playは、スフィロを使った遊びに特化したアプリ

タブレットやスマホからラジコンのようにスフィロを操縦したり、スフィロをコントローラーにしてゲームで遊んだりすることができます。

アプリを起動してスフィロと接続する

充電したスフィロとデバイス(タブレットやスマホ)をBluetoothで接続します。

スフィロとデバイスを接続する

スフィロをデバイスの近くに置いたら、Sphero Playを起動しロボットの種類(mini)を選択します。

接続できたら、ロボットの向きを調整をします。

ロボットの青色のライトが自分の方向に向くように、画面のリング上にある白いドットを回してください。青いライトの方が後ろ、反対側が前です。

ドライブモード

SpheroPlay ドライブモード

ドライブモードではタブレットやスマホからラジコンのようにスフィロを操縦することができます。

6種類の操縦方法があります。

  • ジョイスティック…進みたい方向へドラッグ
  • スリングショット…引っ張って狙いを定めたらはなす
  • かたむける…デバイスを傾けて操縦
  • 声ドライブ…スクリーンをタッチして方向転換声音アップで加速
  • キック…指ではじいてキック、タップしてトラップ、カーブさせて方向転換
  • ブロック…ブロックを追加してスタートを押す

ブロックではかんたんなプログラミングをすることができますよ。

結構スピードが出るので、広い部屋の床で遊んだほうがいいと思います。

我が家に猫がいたらよかったのに。じゃらして遊びたい……

ゲーム

SpheroPlay ゲーム

Sphero Playでは、スフィロをコントローラーにしてゲームで遊ぶことができます。

ゲームは3種類あります。

  • エグザイルII…シューティングゲーム
  • ライトスピードドリフター…回転するトンネルの中をレースする
  • ラウンドトリップ…図形を回転させて辺を壊していくゲーム

どれも単純なゲームですが、コントローラーであるスフィロの扱いが難しかったです。

 

スフィロでプログラミングを学ぶアプリ「Sphero Edu」

Sphero Edu(スフィロ イーディーユー)は、プログラミング学習向けのアプリです。

習熟度に応じてドローブロックテキスト、3つの方法でプログラミングできます。

アプリを起動してスフィロと接続する

充電したスフィロとデバイス(タブレットやスマホ)をBluetoothで接続します。

スフィロとデバイスを接続

Sphero Eduを起動し、スフィロをデバイスの近くに置いたら、ホーム画面の右上にあるアイコン(スフィロとデバイスがつながっている絵)をタップします。

ロボットのタイプ(Sphero Mini)を選ぶと、近くにあるスフィロのリストが表示されます。

自分のスフィロの番号を選択し、タップします。

Sphero miniなので、番号はSM-からはじまるようですね。

自分のスフィロの番号は、箱に書いてありました。

スフィロの番号

本体には書いていないので複数台で遊ぶ場合は注意が必要かもしれません。

ドライブモード

SpheroEdu ドライブモード

Sphero Eduでも、スフィロを操縦することができます。

操縦方法はジョイスティックのみです。

AIMと書いてあるアイコンからロボットの向きを調整できます。

AIM(エイム)には「ねらい」という意味があります。フォートナイトなどのFPSゲームで遊んだことがある人は、なじみのある言葉ではないでしょうか。

プログラミングの方法は3種類

SpheroEdu プログラミングの方法は3つ

プログラミングの方法は3種類あります。

習熟度に応じて選びましょう。

  • ドロー…画面に線を描いてSpheroを動かす
  • ブロック…ブロックを組み合わせてプログラミング
  • テキスト…JavaScriptでプログラミング

ドロー(DRAW)

ドローでは、画面に線を描いてスフィロを動かすことができます。

1マス分の線で40cmぐらい動きます。ダイナミックに線を描いてしまうと、スフィロがテーブルや椅子とガツガツぶつかることに……

広い床の上で動かすようにしましょう。

ブロック(BLOCKS)

ブロックでは、ブロックを組み合わせてプログラミングします。

Scratch(スクラッチ)のような感じですね。

タイピングする必要がなく、視覚的に分かりやすいので初心者向けです。

テキスト(TEXT)

テキストでは、JavaScriptというプログラミング言語を使ってプログラミングを行います。

テキストでプログラミングする場合は、タブレットよりもパソコンの方が作業しやすいです。

Windowsの場合は、Microsoft Storeでアプリを入手できますよ。

プログラミングに挑戦!

プログラミングの練習はSphero Edu公式サイトの「家庭で学べるプログラミング実例」を参考にするのがオススメです。

スフィロの公式完全ガイドブック『Sphero完全ガイド: 人気No.1プログラミング・ロボット』を読むのもいいと思います。

アプリ内にも段階的にプログラミングを学べるアクティビティが用意されているのですが、英語を無理やり翻訳したような日本語で、ちょっと分かりにくかったです。

 

Sphero miniレビューまとめ

Sphero Mini」について紹介しました。

Sphero(スフィロ)は球体型のロボットで、スマホやタブレットから操作したり、プログラミングして動かすことができます。

その中でもSphero miniは、低価格で初心者向けのモデルです。

親子で遊びながらプログラミングを学ぶのにピッタリですよ。

紙コップでキャラクターを作り、中にSphero miniを入れて走らせてみました。



Sphero完全ガイド: 人気No.1プログラミング・ロボット』は、スフィロの公式完全ガイドブックです。

 

28ピースのコンストラクションセット、15枚のアクティビティカードも付いた「Sphero Mini Kit」もあります。

タイトルとURLをコピーしました