micro:bit v1.5(マイクロビット)の使い方~主な機能と必要なもの~

 

micro:bit(マイクロビット)は、
情報教育のために英国放送協会(BBC)で開発された小さなコンピュータ。

イギリスでは11歳と12歳の子供全員に
無償で配布されており、授業の中で活用が進んでいます。

日本でも、プログラミング教育の教材として
小学校での導入が進んでいます。

ロボットなど他のプログラミング教材と
比べて安価なので、プログラミングを初めて
学ぶお子さんにオススメの教材です。

今回は、マイクロビットの機能と
マイクロビットを使うのに最低限必要なモノを紹介します。
 

※この記事は、オリジナルバージョンmicro:bit v1.5に対応しています。
 最新バージョン(v2.0)の機能については下の記事をごらんください。

 

 

マイクロビットの開発環境

micro:bit財団のウェブサイトにある
MakeCodeエディターを使って、
パソコンからプログラミングすることができます。

ブロックを組み合わせてつくる
ビジュアルプログラミング言語なので、
プログラミングがはじめてのお子さんでもすぐ慣れると思います。

また、グーグルクロームや、Edge、サファリなど
ブラウザで利用できるので環境構築の必要もありません。

Internet Explorer(IE)はサポートされていません。
サポートされているブラウザはこちらからご確認ください。

タブレットやスマートフォン用の
無料アプリ(Android/iOS)もあります。
この場合はBluetoothでプログラムを転送します。

micro:bit

micro:bit
開発元:Micro:bit Educational Foundation
無料
posted withアプリーチ

評価をみると、
ときどきペアリング(接続)が
うまくいかない場合があるようです。

パソコンとUSBケーブルで接続する方が安心?

他にもScratch(スクラッチ)や、
JavascriptやPythonといったテキスト言語にも対応しています。

 

マイクロビットの機能

マイクロビットの表

マイクロビット表

LED(明るさセンサー)

25個(5×5)の赤色に光るLEDです。

ユーザーが動作をプログラミングすることで、
文字や数字などを表示させることができます。

明るさセンサーとしても使うことができます。

Aボタン、Bボタン

LEDをはさんで左がAボタン、右がBボタンです。

プログラム実行の開始条件として使用することができます。

端子

金色の部分は端子(たんし)と呼ばれ、
マイクロビットについていないセンサーなどを
追加してつけたい場合に使います。
(接続にはワニ口クリップが必要)

0、1、2はタッチセンサーとして使うことができます。

マイクロビットの裏

マイクロビット裏

マイクロUSBソケット

マイクロUSBソケット
パソコンと接続する際に利用するコネクターです。

マイクロUSBケーブルを使います。

リセットボタン

リセットボタン
実行しているプログラムを中止して、
最初から動かしたい場合に利用するボタン。

タブレットとペアリングする際にも使います。

バッテリーソケット(3V)

バッテリーソケット
電池ボックスをつなぐソケットです。

プロセッサー

プロセッサーはマイクロビットの頭脳にあたる部分。

プログラムを実行しているパーツです。

温度センサー

温度センサーは、周囲の温度を測定できます。

加速度センサー

加速度センサーは、
マイクロビットの傾きや揺れを調べることができます。

コンパス

コンパスは、
マイクロビットの向いている方角を調べることができます。

磁力の強さを調べることもできます。

アンテナ(無線通信機能)

マイクロビットにはアンテナがついています。

マイクロビット同士でメッセージの送受信をしたり、
Bluetoothを使用して他のデバイスと通信したりできます。

 

スポンサーリンク

マイクロビットを使うのに最低限必要なもの

マイクロビットで最低限必要なモノ

micro:bit(マイクロビット)本体

価格は2,000円程度
カラー(黄・ピンク・緑・青の全4色)は選べないようです。

USBケーブル

パソコンで作ったプログラムのデータを
マイクロビットに転送するために使います。

パソコン側が「USB TypeA」
マイクロビット側が「Micro USB TypeB」です。

デジカメやスマートフォンの中には、
充電ケーブルに使っているものもあるので、
すでに持ってる場合は買わなくて大丈夫です。

micro:bit用電池ボックス&電池

マイクロビットをパソコンにつないでいる間は、
パソコンから電気が供給され動きますが、
マイクロビット単体では電池がないと動きません。

プログラムを転送し、パソコンから切り離して
マイクロビット単体で動かしたい場合、
電池ボックスが必要になります。

タブレットでプログラミングする場合は必須です。

電池ボックスに対応した電池も忘れずに用意しましょう。
(私が購入した電池ボックスは単4電池×2本でした)

micro:bit用ケース

基盤丸出しなのであったほうがいいかなと思います。

パソコンまたはタブレット(スマホ)

プログラミングをするための
パソコンやタブレットです。

パソコンの条件

  • インターネット接続できること
  • USBポートがついていること

タブレット(スマホ)の条件

  • Androidの場合、Android 4.4以上が必要
  • iOSの場合、iOS 8.2以上が必要

マイクロビットの保管

ねんどケースで保管

マイクロビットは思っていたより小さかったです。
(およそ4cm×5cm)

100円ショップで売っているねんどケース
収納にちょうどいいサイズでした。

ケースを自作するのもオススメです。

 

電池ボックスを取り付けてON!

マイクロビット

電池ボックスを取り付けて、電源をONにしてみました。

最初から何かプログラムが入っていたらしく、
LEDがピカピカ光りはじめました。

プログラムの動きは下のようになっています。

  1. アニメーションの後、
    「HELLO」という文字が右から左に流れる。
  2. 「←」と「A」という文字が交互に表示される。
    Aボタンをおしてみましょう。
  3. 「→」と「B」という文字が交互に表示される。
    Bボタンをおしてみましょう。
  4. 「SHAKE!」という文字が右から左に流れる。
    「ふって!」という意味です。
    マイクロビットを軽くふってみましょう。
  5. 「CHACE THE DOT」という文字が右から左に流れる。
    「点を追いかけよう」という意味です。マイクロビットをかたむけてみると、
    中央で光っているドットが、
    かたむけた方向に移動します。左上の光るドットと重なるように
    ドットを移動させてみましょう。重なると次のドットが別の場所にあらわれるので
    同じように重なるように動かしてみましょう。
  6. 「GREAT!」という文字が右から左に流れる。
  7. 「NOW GET CODING」という文字が右から左に流れる。
    「コーディングをはじめましょう」という意味です。
  8. ハートを表示するアニメーションが
    くり返し表示されます。

また最初から見たい場合は、
裏面のリセットボタンをおしてください。

 

まとめ

micro:bit(マイクロビット)は、
ロボットなど他のプログラミング教材と比べ
安価で試しやすいです。

プログラミングを初めて学ぶお子さんにオススメの教材。

色々パーツが付いたセットなどもありますが
なかなかのお値段になってしまいますので
とりあえず最低限のものだけそろえて、
「もっと作りたい!」となってから
購入しても遅くないかと思います。

 

\microbitV2と便利なパーツのセットです!/

 

 

タイトルとURLをコピーしました